イベント・観光・旅行情報「イベナビ!」

イベント・観光・旅行情報の総合ウェブマガジン

野老朝雄にパクリや出来レース疑惑!そう言われる理由とは?

野老朝雄にパクリや出来レース疑惑!そう言われる理由とは?

野老朝雄さんのデザインが東京オリンピックのデザインに決定しましたね。しかし、ネット上など一部ではパクリとか出来レースと言われています。野老朝雄さんのデザインがパクリとか出来レースであってほしくないですが・・・。本当のところはどうなのでしょうか?野老朝雄さんにかかっている疑惑、パクリや出来レースについて考えていきたいと思います。

野老朝雄のデザインはパクリや出来レースだったのか?

野老朝雄さんのデザインはA案の組市松紋。市松模様を日本の伝統食の藍色で描き、日本らしさを表現しています。形の異なる3種類の四角形で描かれている理由は国や文化・思想の違い示していて、その違いが繋がることで多様性と調和を表現。日本らしさの中に海外との繋がりを表現している素晴らしいデザインと言えるでしょう。

しかしこのデザイン、一部ではパクリではないか?と言われています。では、なんのパクリなのでしょうか?その答えは創価学会のマークです。創価学会のマークをパクリ、デザインしたのではないか?とのこと。

実際に見比べてみると大幅なラインこそ似ていますが、パクリと言うほどではありません。デザインなんてこの世の中にいくつも種類があるので大幅な部分は何かしらに似てしまうのはしょうがないこと。なのでこのパクリ疑惑についてはあまり信憑性がありませんね。そもそも、前回パクリでデザインが撤回されているので、またパクリと言うのは考えにくいでしょう。


次に出来レースについて。一部の情報によると、最終選考にA案,B案,C案,D案の4つが残りましたが、最終選考の前の時点で既にA案に決まっていたのではないか?とのことです。つまり、出来上がった試合。出来レースということです。

その理由として、A案が単色なのに対し、B案,C案,D案はカラフルな色合いです。こうなると、A案だけ浮き出て注目されやすくなりますよね?また、左右対称なのがA案のみ。B案,C案,D案は左右非対称です。これも少し問題があり、以前、オリンピック本部から左右対称のデザインを推奨されていました。その為、最終選考で1つだけ左右対称となれば、そのデザインがかなり有利になることは目に見えています。

一般人に行った意識アンケート調査ではD案が一番人気でA案は最下位でした。デザインを審査した人は一般人の意見も参考にしたと話していましたが、最下位のA案を選んだとなると、あまり参考にしていないのでは?との声が多数あり、ネット上で批判がかなり凄いです。

一番人気のなかったA案が最終選考で際立つように仕掛けられた為、今回のデザイン選考は出来レースなのでは?との疑惑が一気に深まりました。実際の所はどうかわかりませんが、こういったことがあると出来レースと疑われても仕方がないのかもしれませんね。

野老朝雄さんのデザインは決定したのでもう代わることはないと思いますが、パクリや出来レースでないと信じたいですね。

Return Top