イベント・観光・旅行情報「イベナビ!」

イベント・観光・旅行情報の総合ウェブマガジン

五輪エンブレムが組市松紋に決定した理由について

五輪エンブレムが組市松紋に決定した理由について

五輪エンブレムがついに決定しましたね!最終選考ではA案,B案,C案,D案と4つ候補があり、その中からA案の組市松紋になりました。五輪エンブレムが組市松紋に決まった理由、みなさんはご存知ですか?なぜ、組市松紋が五輪エンブレムに決まったのか。その理由がいくつかありました。今回は五輪エンブレムが組市松紋に決定した理由を確認していきたいと思います。

【五輪エンブレム】組市松紋に決定した理由とは

五輪エンブレムはA案の五輪エンブレムに決まりましたが、その理由をご存知でしょうか?

今回決まった五輪エンブレムの組市松紋は江戸時代に市松模様として広まったチェック柄。この市松模様のチェック柄を伝統色である藍色にすることで日本らしさを表現しています。また、形の異なる3種類の四角形で描かれているのですが、コレは国や文化・思想の違い示しています。その違いが繋がることで多様性と調和を表現。つまり、世界と繋がるということを伝えているわけですね。

五輪エンブレムが組市松紋に決まった理由は、日本らしいデザインの中にも世界との繋がりを表す表現が組み込まれていたから。3種類の四角形で描かれたのは日本と外国では文化の違いなど様々な相違点があるけれど、繋がる,協調性があるということでしょう。

このような理由を聞くと、素晴らしいエンブレムだなと感じてしまいますね。「日本らしくて素敵なエンブレム!」との意見が多いです。しかしその一方で、「藍色だし地味で目立たない」との意見も沢山ありました。組市松紋に決定しましたが、賛否両論ですね。


他にも組市松紋に決定した理由はあります。

・組市松紋は格子柄の集合体なので格子の組み合わせによってデザインに変化を与えることができる
・藍色以外の色を使いバリエーションを増やすことが可能
・オリンピック本部から非対称デザインは避けるべきとの指摘が以前あった

組市松紋のデザインは地味な為、批判の声が沢山ありました。しかし、デザインや藍色以外の色を使い変化を与えることができるという強みがあります。地味なデザインはこういったバリエーションの変化をしやすいということですね。

また、A案の組市松紋のデザインは左右対称のデザインです。B案,C案,D案は非対称となる為、A案がかなり有利だったのではないでしょうか?オリンピック本部からの指摘となれば仕方がありませんよね。

五輪エンブレムが組市松紋に決定しましたが、主にこれらの理由があったそうです。これらの理由を聞いてあなたは納得したでしょうか?納得した人もいるかと思いまが、納得しない人も大勢いるような気がします。組市松紋が多くの人に受け入れられるのか、非常に気になるところですね。

Return Top