イベント・観光・旅行情報「イベナビ!」

イベント・観光・旅行情報の総合ウェブマガジン

2016年 仙台七夕祭りの屋台の時間や場所について

2016年 仙台七夕祭りの屋台の時間や場所について

2016年も仙台七夕祭りを楽しみにしている人は大勢いるのではないでしょうか?日本三大七夕祭りの一つが仙台七夕祭り。2016年も仙台七夕祭りは盛り上がること間違いなしです!仙台七夕祭りの魅力は何と言っても屋台。仙台七夕祭りでは約100店舗前後の屋台が出店されるようです。2016年も恐らく100店舗近い屋台が出店されると思われます。色々な食べ物の屋台があるので、食べ歩きを堪能したいですね!2016年も仙台七夕祭りの屋台を楽しむ為に、屋台の時間や場所はしっかりと把握しておきましょう。屋台にはおススメの時間があり、場所に関しては地図にてわかりやすくお伝えしたいと思います。

【2016年 仙台七夕祭り】屋台の時間と場所について

屋台の時間は?

仙台七夕祭りは毎年曜日に関係なく、8月6日,7日,8日の3日間行われます。なので屋台の出店もこの3日間となります。約100店舗前後ある屋台なのですが、営業時間は決まっていないとのこと。屋台によって開始時間と終わりの時間はバラバラだそうです。ただし、ほとんどの屋台が夕方から21時まで営業しています。なので狙い目としては18時~21時ぐらい。屋台を堪能したい人はこの時間を狙って足を運ぶようにしましょう。

お昼ぐらいから営業を開始する屋台もチラホラあるようです。夜だと多くの人で賑わうので、混雑や並ぶ時間を抑えたいという人は、お昼に行くのもありかもしれません。ただ、営業開始している屋台は少ないと思いますので、屋台を堪能したい!と言う人は夜に行くことをおススメします。

屋台の場所は?

仙台七夕祭りではいくつかの場所で屋台の出店があります。主に出店される場所は、仙台西公園と勾当台公園と青葉通り。仙台駅から青葉通りを通って仙台西公園に行くことをおススメします。仙台西公園に着くまでに色々な屋台を楽しむことができるでしょう。


仙台七夕祭りということで、仙台と言えば、牛タン!出店される屋台の中には当然牛タンの店もあるので、牛タンは必ず食べておきたいですね。他にも仙台七夕祭りに出店される屋台の中にはおススメの食べ物があります。

一番人気なのが麻婆焼きそば。1970年代前半に仙台市内の中華料理店でまかないとして誕生したのが麻婆焼きそばです。焼きそばの上に麻婆豆腐がのっていてピリ辛で大人気。若い層の人達に特に人気で、SNS等で拡散され、有名になったとのことです。

必ず食べておきたいのがジャンボ牛タン串。仙台と言えば牛タン!ということで、大きな牛タンを串焼きにした物です。噛みごたえのある牛タンは噛むほど肉汁が溢れ、とてもジューシー。ビール片手にジャンボ牛タン串はまさに最高の組み合わせと言えるでしょう。

仙台名物は牛タンだけでなく、笹かま棒やひょうたん揚げなんかもあります。笹かま棒は大きくてふっくらした笹かまを焼いた物。とてもヘルシーで美味しいので特に女性に大人気の食べ物です。ひょうたん揚げは蒸しかまぼこに衣をまとわせてサクサクに揚げた、ひょうたんの形をした食べ物です。アメリカンドックのかまぼこ版と言った感じでしょうか。女子高生の間で特に人気で、ひょうたん揚にはケチャップを付けて食べるとのこと。まさに仙台のアメリカンドックですね!

今回は仙台七夕祭りの屋台の出店時間や場所についてお伝えしました。2016年も仙台七夕祭りの屋台へ友達や恋人と足を運んでみてはどうでしょうか?食べ歩きが好きな人ならば大満足すること間違いなし!楽しい時間を仙台七夕祭りで過ごしましょう。

<関連記事>
【仙台七夕祭り】2016年 花火の日程と時間について

Return Top