イベント・観光・旅行情報「イベナビ!」

イベント・観光・旅行情報の総合ウェブマガジン

立川断層の場所と位置は?地震発生の可能性が高い断層帯に注意!

立川断層の場所と位置は?地震発生の可能性が高い断層帯に注意!

東京に位置する活断層の中に立川断層があります。この立川断層がある場所や位置で地震が発生したら大きな被害が出てしまう可能性があると言われていますね。立川断層の位置はどのあたりでしょうか?東京に住んでいる人は自分の住んでいる地域が立川断層の位置に面していないか?確認しておいてほしいと思います。立川断層の場所や位置を確認しておきましょう!

立川断層の場所と位置

立川断層の位置は関東山地東部から武蔵野台地西部にかけて分布しています。
tachikawadannso_1 (1)出典:http://trendystyle.blog.so-net.ne.jp/2013-02-09

埼玉県入間郡名栗村から東京都青梅市までの「名栗断層」と、青梅市小曽木笹仁田峠付近から、立川市経由国立市谷保までの「立川断層」で構成されているのがわかるかと思います。これが立川断層の位置になります。

立川断層の場所は主に、東京都立川市です。東京都立川市を横切っているから「立川断層」と呼ばれるようになりました。東京のベッドタウンの直下であり、日本の活断層の中では地震の発生確率が高いと言われています。その為、地震が起きたら大きな被害がでる可能性が・・・。この地域の住民は日ごろから防災グッズの準備を特にしっかりしておきましょう。

立川断層は地震の発生率が高い!

日本列島にはおよそ2000もの活断層が存在するということをご存知でしょうか?そもそも活断層とはなんなのでしょうか?

私たちの住んでいる地面を掘り下げていくと、最後は固い岩の層にぶつかります。この岩の中には沢山割れ目があり、通常はこの割れ目はお互いしっかりかみ合っていますが、ここに大きな力が加わると、割れ目が再び壊れてずれてしまいます。この現象を断層活動といいます。そして、この断層のうち、繰り返し活動し、さらに将来も活動すると考えられる断層のことを活断層といいます。

その為、活断層がある場所には大地震がくる可能性があると昔から言われていて、多くの人が不安を抱えていますね。立川断層の場所に住んでいる人は地震がくる可能性にしっかりと備えて、いつでも逃げれる準備や逃げるルートを把握しておくことが大切でしょう。

東北大震災に続き、熊本での大地震。東海大地震もいつくるかわからないと言われているし、それに加えて立川断層による大地震の可能性もあり。地震の可能性が至る所であるので、日ごろから地震についての知識をつけておくことがとても重要ですね。

立川断層の場所に住んでいる人は勿論、他の地域に住んでいる人もしっかりと防災グッズの準備をしておきましょう!

Return Top