イベント・観光・旅行情報「イベナビ!」

イベント・観光・旅行情報の総合ウェブマガジン

現美新幹線のダイヤ 4月29日から6月末までは既に確定!

現美新幹線のダイヤ 4月29日から6月末までは既に確定!

黒い新幹線として注目を集めている現美新幹線。JR東日本は現美新幹線の運行開始日やダイヤについて発表しました。ダイヤに関しては4月~6月までのを公開していて、7月以降のダイヤは未だに未定とのことです。その為、7月以降は決まり次第公開されるそうなので、楽しみに待っていましょう。

4月~6月までの現美新幹線のダイヤについて

4月29日から6月末までのダイヤについては既に詳細が出ているので以下を確認して下さい。

運転開始日→4月29日(金・祝)
走行期間→6月末までの土日とゴールデンウイーク期間
運転区間→上越新幹線の新潟県内、越後湯沢~新潟間。各日3往復の運転

「運行日」
2016年4月
29日(金),30日(土)

2016年5月
1日(日)~8日(日)
14日(土),15日(日)
21日(土),22日(日)
28日(土),29日(日)

2016年6月
4日(土),5日(日)
11日(土),12日(日)
18日(土),19日(日)
25日(土),26日(日)

「下り」
・とき451号
越後湯沢08:24発
浦佐  08:37発
長岡  08:49着 08:50発
燕三条 09:01発
新潟  09:14着

・とき453号
越後湯沢12:44発
浦佐  12:57発
長岡  13:09着 13:14発
燕三条 13:25発
新潟  13:38着

・とき455号
越後湯沢15:20発
浦佐  15:33発
長岡  15:45着 15:50発
燕三条 16:01発
新潟  16:14着

「上り」
・とき452号
新潟  11:26発
燕三条 11:39発
長岡  11:49着 11:54発
浦佐  12:08発
越後湯沢12:20着

・とき454号
新潟  14:02発
燕三条 14:15発
長岡  14:25着 14:26発
浦佐  14:44発
越後湯沢14:56着

・とき456号
新潟  18:18発
燕三条 18:31発
長岡  18:41着 18:42発
浦佐  18:55発
越後湯沢19:08着

4月~6月の期間は11号車は指定席、12-16号車は旅行商品専用車両です。
7月以降は11号車は指定席、12-16号車は自由席として販売予定です。

現美新幹線の詳細情報

ダイヤの情報の他に特に気になるのは現美新幹線の料金について。世界最速の芸術鑑賞が出来るとあって高めの料金設定かな?と思いきや、普通の新幹線の料金とほぼ変わらないそうです。

越後湯沢~新潟間→大人1人5400円~5900円
※通常は越後湯沢~新潟間で上越新幹線の指定席を利用すると5380円

4月~6月の期間、12-16号車は旅行商品専用車両ということで楽しめることが出来ます。13号車ではこだわりのスイーツやコーヒーが楽しめるカフェスペースになっています。アルコールも提供予定とのことで、お酒好きの人には嬉しいですよね。お酒を飲みながらの電車の旅は格別でしょう。

現美新幹線の一番の見所はなんといってもデザイン。外装は写真家で映画監督の蜷川実花さんが担当し、内装は絵画の松本尚さんや立体の荒神明香さんといったアーティストが担当。テーマは現代アートです。

このように、見た目で十分楽しむ事が出来る上に、こだわりの食べ物や飲み物まで体験出来る現美新幹線は流行ること間違いなしでしょう。ダイヤをしっかりと確認をして、4月~6月の期間中に1度は利用しておきたいですよね。

Return Top