イベント・観光・旅行情報「イベナビ!」

イベント・観光・旅行情報の総合ウェブマガジン

阿蘇カルデラが噴火する可能性あり!旅行を計画していた人はすぐに中止を!

阿蘇カルデラが噴火する可能性あり!旅行を計画していた人はすぐに中止を!

熊本で今も尚、頻繁に地震が発生していますね。阿蘇付近の住民が今心配しているのは阿蘇山の噴火ではないでしょうか?小規模な噴火ならばまだ大丈夫ですが、阿蘇カルデラが噴火した場合は、最悪の事態になりそうです。今回は阿蘇カルデラの噴火とはどういった噴火なのか?どのような影響があるのかについてお伝えしたいと思います。阿蘇へ旅行を計画していた人は必ず中止するようにして下さい。

阿蘇カルデラの噴火とは?

阿蘇カルデラとは熊本県にあるカルデラ地形のことです。カルデラとは火山の活動によってできた大きな凹地のこと。釜や鍋という意味のスペイン語が由来となっています。

カルデラ噴火は数千年ごとに主に九州で発生する噴火です。その破壊力は一帯を壊滅させるほど・・・。深いマグマだまりが突発的な大爆発を起こし、短時間の内に直径数十kmもの陸地や海底の岩盤を粉砕し、高温の火山噴出物となって空中へ噴き出します。それが巨大な火砕流と化して、数百kmもの範囲へ広がっていきます。

通常の噴火とは比べ物にならないぐらいの大規模な被害を与えるのが阿蘇カルデラの噴火。なので、阿蘇カルデラ噴火は起きないでほしいと、多くの人が願っているはずです。

過去に九州では、カルデラ噴火が8万5000年頃前から7300年頃前にかけて、4ヵ所で発生しています。7300年頃前に起きたカルデラ噴火では島の大部分が失われて海底に巨大なカルデラが形成されました。放出されたマグマは100立方kmを超えました。


九州には5ヵ所カルデラがあります。
・阿蘇カルデラ
・加久藤カルデラ
・小林カルデラ
・姶良カルデラ
・阿多カルデラ

実は九州は世界有数の巨大カルデラ大陸と言われています。阿蘇カルデラの噴火が心配ですが、同様に加久藤カルデラ,小林カルデラ,姶良カルデラ,阿多カルデラも噴火の恐れがあります。これらのカルデラはいつ、また、超巨大噴火が再発してもおかしくない状況とのこと。もしかしたら地震により何らかの影響があり、カルデラが噴火する可能性も考えられますよね。九州地方の人達はかなり怖い状況にいるのではないでしょうか?

研究者によると、桜島や阿蘇山の噴火がもしかすると、カルデラ噴火の接近を告げる前兆かもしれないとのことです。もし、カルデラ噴火が起きた場合、周囲100~200kmの範囲を火砕流が襲うことになります。火砕流の速度は時速100km。数時間以内に約800℃以上の高温の火砕流に襲われてしまい、周辺が壊滅状態となるでしょう。発生場所にもよりますが、犠牲者は10万~100万人と予想されています。地震だけでもかなりの被害が出ているのに、カルデラ噴火まで発生したら犠牲者が一気に増えてしまいますよね。カルデラ噴火が起きないことを祈りたいと思います。

Return Top