イベント・観光・旅行情報「イベナビ!」

イベント・観光・旅行情報の総合ウェブマガジン

プラレール博2016東京で混雑を回避する方法!平日と休日で異なるその対策とは?

o0720040511949695593

プラレールが大好きなお子さんをお持ちのお父さん、お母さん。プラレール好きな子供達がたくさん集まるプラレール博東京のイベント開催が近づいてきました。

プラレール博2016東京は、例年10万人を越す人が集まるビックイベントです。今回は、そんなプラレール博の混雑予想と回避の方法を平日と休日別にご紹介します。

プラレール博2016東京:休日の混雑予想

プラレール博東京の休日は毎年とても混雑します。

開場時間は午前10:00からですので、混雑する前に会場に入りたいという場合は、遅くても9時00分頃には会場の入り口前に並んでおきましょう。休日は10:30ぐらいからすでに混雑し始めて、14:00頃には、入場するまでに30分〜1時間待ちという状態になります。

ちなみに、プラレール博は幼稚園児が対象のイベントなので、多くの来場者は同じような行動パターンになります。朝から入場しているのであれば、夕方には家に帰りゆっくりしたいと考えていますので、午前中は非常に混雑するということになるのです。入場までに1時間待ち、会場内も人が大勢でアトラクションは1時間待ちなど、正午までは思っている以上に混雑するのが実際のところです。

なので、逆に思い切って正午から出掛けることも選択肢の一つですね。

お昼までに、プラレール博に行こうと考えると、朝早く家を出発しなければいけませんので、一日が忙しくなり、プラレール博をエンジョイすることができないかもしれません。しかし、正午からの出発でしたら、朝食を慌てずに食べてからゆっくり準備をして、家を出発できるので気持ちに余裕ができます。

午前であれば1時間待ちであった入場も人気アトラクション等も、正午からの場合、混雑は午前より確実に少なくなっています。ですので、正午から出かけるという時間差を取る方法は検討する価値はあるかと思います。

平日の混雑予想は?

当然ですが、プラレール博であっても平日の方が混雑は少ないです。

会場には20分前までに行っていれば、さほど並ぶことも無くスムーズに会場に入れますので平日はお勧めです。平日の開場は東京であっても、さすがにガラガラではありませんが、各展示物は並んだりせず、一番前で気持ちよく見れる状況です。

ちなみに東京であれば、平日の5月6日(金)が狙い目になります。

2016年のプラレール博も大勢の子供達で盛り上がること間違いなしです。大変混雑するので、大人は想像以上に大変かもしれませんが、子供達はとびっきりの笑顔をみせてくれることは間違いありません。家族でしっかり計画を立てて行ってみるのはいかがでしょうか?

Return Top