イベント・観光・旅行情報「イベナビ!」

イベント・観光・旅行情報の総合ウェブマガジン

ゴールデンウィークに日帰りで行く穴場スポット~東海地方編~

5月といえば大型連休のゴールデンウィークが待っていますね!この連休を利用して日帰りでどこかに出かける人が大勢いるのではないでしょうか?しかし、あまりにも混雑しているスポットは避けたいですよね。今回は東海地方の穴場スポットをおススメしたいと思います。ゴールデンウィークは人気スポットだけでなく、穴場スポットにも注目です。混雑を避けて有意義な時間を過ごすことができる穴場スポットに家族や友達は喜ぶことでしょう。日帰りで行ける東海地方の穴場スポットに足を運んでみて下さい!

ゴールデンウィークに日帰りで行ける東海地方の穴場スポット!

横谷狭(岐阜県)

ここではなんと、4つの滝を見ることができます。横谷峡は飛騨木曽川国定公園内にあるので、散策の山道を辿って行くことができます。山道を散歩しながら滝の迫力も味わえるので自然が好きな人にはかなりおススメのスポットですね。ちなみに4つの滝にはそれぞれ名称があって、白滝(しらたき/落差7m),二見滝(ふたみだき/落差5m),紅葉滝(もみじだき/落差4m),鶏鳴滝(けいめいだき/落差12m)となっています。滝の近くに行くと迫力を味わえるだけでなく、とても涼しくて気持ちが良いです。自然の気持ちの良い空気を思い切り吸って気分をリフレッシュしたい人は是非、足を運んでみて下さい。近くには下呂温泉もあるので、滝を見た後には温泉にて疲れを癒すのもおススメですよ!

住所:岐阜県下呂市金山町 金山
アクセス:
<車>
・東海環状自動車道富加関ICから県道58号、国道41号を高山方面へ約39km。「下妙見町」交差点を左折、国道256号約2.5km先の白山神社手前を左折し、約600m先に駐車場。富加関ICから約50分。
・下呂温泉街から国道41号を岐阜方面へ約28km。「下妙見町」交差点を右折後は(1)と同じ。下呂温泉街からの所要時間は約40分
<電車>
・JR高山本線「飛騨金山駅」からげろバス金山祖師野線で「滝口」下車。そこから徒歩約5分。飛騨金山駅からの所要時間は約20分
公式サイトURL:http://www.city.gero.lg.jp/kankou/node_7779/node_29741/node_29758/node_37227

竹島(愛知県)

竹島 (1)
愛知県蒲郡市島町の海岸に浮いている孤島です。なので、竹島に行くまでには本島と繋いである387mの長い橋を渡って向かいます。(ちなみのこの橋のことを竹島橋と言う)竹島に向かうまでには綺麗な海の景色や鳥が気持ちよさそうに飛んでる姿を見ることができるそうなので、まったりとした空間を楽しめます。竹島橋は縁結びの橋とも言われているので、渡る際は中央を開けないように気をつけて渡るようにして下さい。夫婦や恋人と行く際には手をつないで仲良く渡るのがいいですね!そして、竹島内には八百富神社があります。この神社では色違いの縁結びのお守りが売られていて、カップルに特に人気!夫婦や恋人に人気があるスポットですが、八百富神社にて家族の健康を祈ったり、お参りする年配の人も足を運ぶスポットです。竹島橋を渡りながら景色を楽しみ、八百富神社でお参りをするとよいでしょう。

住所:愛知県蒲郡市竹島町3−15
アクセス:
<車>
・東名高速道路音羽蒲郡ICより15分
<電車>
・蒲郡駅から徒歩で15分又は名鉄バスで5分
公式サイトURL:http://www.gamagori.jp/look/detail_4_0_1_0_0.html

ぬくもりの森(静岡県)

ぬくもりの森 (1)
最初に注意点として、ぬくもりの森の敷地内(坂道の上)には駐車場がありません。坂道の下に専用駐車場があるので、車で来る場合はそこに停めるようにして下さい。(駐車場からは歩いて2分)細い坂道を散策しながら歩いてぬくもりの森まで行くので、なんだか探検をしているような気分を味わえます。ぬくもりの森では中世のヨーロッパのとある小さな村のような、おとぎ話の世界を楽しめます。中ではケーキ屋さんやレストランやカフェがあるので食を楽しむことができ、雑貨ショップではお土産を購入することができます。普段体験することができない不思議な空間で、現実逃避してみるのもいいかもしれませんね!

住所:静岡県浜松市西区和地町2949
営業時間:10時~18時
休業日:木曜日
アクセス:
<車>
・浜松市街より約30分
・浜松西インターより約10分
・新東名浜松SA(スマートIC)より約30分
<電車>
・JR浜松駅北口バスターミナル「遠鉄バス」1番のりば「舘山寺温泉」行に乗車 約40分 「すじかいばし」下車 徒歩3分
公式サイトURL:http://www.nukumori.jp/

ルーブル彫刻美術館(三重県)

美術が好きな人はパリで有名なルーブル美術館などに興味があるのではないでしょうか?ルーブル彫刻美術館ではパリのルーブル美術館の本物の雰囲気を多くの人々に味わってほしいという思いから作られた建物です。ミロのビーナスやサモトラケのニケなど有名な物を多くの人はテレビや雑誌などで見たことがあるかと思います。ルーブル彫刻美術館に来れば実物から直接型を取った作品を見れるので、迫力ある彫刻を楽しめることでしょう。有名作品が約1300点あるので色々な彫刻を堪能することができ、さらに、パリのルーブル美術館より直輸入の美術品も売っているとのことなので、非常に嬉しいですよね。是非、お土産に買ってみてはどうでしょうか?

住所:三重県津市、白山町佐田東谷1957
営業時間:9時30分~17時(入館は16時30分まで)
入館料:
大人(高校生以上)→1500円
60歳以上,学生,障害者→1000円
小学生,中学生→800円
団体(30名以上)→1400円
小学生未満→無料
休業日:年中無休
アクセス:
<車>
・「伊勢自動車道久居I.C」より約20分
<電車>
・「榊原温泉口」下車徒歩5分
公式サイトURL:http://www.louvre-m.com/

今回は日帰りで行ける東海地方の穴場スポットを4ヵ所ご紹介しました。ゴールデンウィークには有名スポットだけでなく、こういった穴場スポットにて気分をリフレッシュさせたり心を落ち着かせたりするのもよいですね。ゴールデンウィークは東海地方の穴場スポットをおススメします!

Return Top