イベント・観光・旅行情報「イベナビ!」

イベント・観光・旅行情報の総合ウェブマガジン

2016年 京都葵祭のコースと日程を地図にてわかりやすく解説!

2016年 京都葵祭のコースと日程を地図にてわかりやすく解説!

京都三大祭の1つである京都葵祭が2016年も行われますね!京都葵祭は毎年5月15日に行われるので、この日は予定を空けておく人が多いのではないでしょうか?(ただし、酷い雨の場合は翌日に繰り越される場合もあり)

京都葵祭の見所は平安時代の衣装を着て、京都御所から上賀茂神社までを練り歩く行列ですよね。この歩くコースは毎年同じなので2016年も同じコースになります。地図にてコースを確認すると共に、日程も把握しておきましょう。

2016年 京都葵祭のコースと日程について

【京都葵祭の行列のコース】

10:30→京都御所をスタート

堺町御門、丸太町通、河原町通を抜けて約一時間かけて

11:40頃→下鴨神社に到着

下鴨神社では社頭の義が行なわれる

13:15頃→「走馬の儀・狂言奉納」が行なわれる

14:20頃→下鴨神社を出発、下鴨本通

14:40頃→洛北高校前、北大路通、北大路橋、賀茂川堤を通る

15:30頃→上賀茂神社に到着

大まかな流れとしては、京都御所を出発して下鴨神社に到着し、下鴨神社を出発して上賀茂神社に向かうといった感じです。

京都御所,下鴨神社,上賀茂神社へのアクセス方法

京都御所

<電車・バス>
・地下鉄烏丸線今出川駅から徒歩5分
・市バス烏丸今出川から徒歩5分

下鴨神社

<電車・バス>
・京都駅より地下鉄(烏丸線)京都駅~北大路駅まで
北大路駅から市バス1番・205番(約25分)下鴨神社前(もしくは糺ノ森前)
・阪急河原町駅より
阪急河原町駅より徒歩5分→京阪祇園四条駅~出町柳駅→徒歩12分:下鴨神社

上賀茂神社

<電車・バス>
・京都駅、地下鉄烏丸線北大路駅等より市バスあり

京都葵祭のおススメ観覧場所

京都葵祭には有料席が設けられています。有料席の設置場所は京都御所と下鴨神社。出発地点と中通過地点ですね。前売り全指定席が1席2050円でネットやコンビニなどで購入することができます。京都葵祭は非常に混雑する為、この有料席での観覧をおススメしたいです。2050円だと少し高いのでは?と感じる人がいるかもしれませんが、平安時代にタイムスリップしたかのような貴重な体験がゆっくりできるのであれば、良いかもしれませんね。

有料設置場所以外のコース間では無料で見ることができます。しかし、無料なので多くの人で溢れかえります。なので、無料場所で見る場合は、大混雑の中で見ることを覚悟しておいて下さい。特に混む場所は出発地点の京都御所と中間地点の下鴨神社と到着地点の上賀茂神社。無料場所のこの3カ所では恐らく、しっかり見ることができないかと思われます。

ただ、無料場所のメリットは移動の自由度ですね。有料場所だと場所が固定されてしまいますが、無料場所ならばどこへでも移動できるのが嬉しいです。混雑を避けることはできないし、若干マナーが悪い人達もいるのでその辺りは覚悟しなければいけませんが・・・。

有料場所のメリット
・場所取り不要
・混雑も無視
・食事も可能
・行列に近い

無料場所のメリット
・移動が自由


無料場所の中でも、おススメできる場所が2ヵ所あります。

➀下鴨神社・糺の森

下鴨神社・糺の森の瀬見の小川越しにある馬場なのですが、現代の建物が一切ないので、他の場所よりは見えやすいかと思います。ただ、当然、混雑はするし、京都葵祭の行列から少し離れてしまいます。11:45頃に行列は下鴨神社へ入っていくので、2,3時間前ぐらいに行けば最前列を確保できるかと思います。9時過ぎ辺りがめあすでしょうか。また、混雑の後ろの方から脚立を使って見たり、撮影する方法もあります。前列~真ん中辺りで脚立を使うのはマナー違反になるので、脚立を使いたい人は必ず混雑の後ろの方で使うようにしましょう。

➁賀茂川沿いの北大路橋から御園橋間

この場所は並木道になっていて、現代の建物などが写り込みにくくなるのでおススメです。そして、何より信号があるのがポイントです。交通規制はあるものの、行列も信号無視はできません。なので、赤信号で信号待ちのチャンスが訪れる可能性があります。やはり、動いているより止まっていた方が撮影しやすいですよね?信号待ちの時こそ、シャッターチャンスになるわけです。よい写真を撮りたい人におススメのスポットというわけです。

2ヵ所おススメの無料スポットをご紹介しました。他の無料スポットよりも見やすいと言えども、やはり混雑はします。なので、一番のおススメは有料場所ですね。ゆっくりと京都葵祭を見たい人は有料場所を確保しておいて下さい。

小雨程度なら決行するとのことなので、当日の朝の天候状況によっては京都市観光協会に電話で確認することをおススメします。2016年も京都葵祭を楽しみましょう!
京都市観光協会 電話番号:075-752-7070

Return Top