イベント・観光・旅行情報「イベナビ!」

イベント・観光・旅行情報の総合ウェブマガジン

国立科学博物館(駐車場・混雑・時間・入館料・レストラン…)基本情報まとめ

ec140f2c2e11bd49d41799dc4cefd81f

大人も子供も楽しめる国立科学博物館が2015年7月、16年ぶりにリニューアルしましたそこで、リニューアルした国立科学博物館に行ってみようという方に向けて、駐車場・混雑時間・入館料レストランなど国立科学博物館の基本情報をまとめてみました。

国立科学博物館の駐車場情報

残念ながら国立科学博物館には駐車場ありませんので、車で来館する場合は博物館の近くの駐車場を探して停めるしかありません。

そこで、国立科学博物館から1番近い、お薦めの駐車場を紹介します。それは、上野恩賜公園第一駐車場になります。なぜかといいますと、駐車場から道を挟んだ目の前に国立科学博物館があるからです。駐車場から博物館までの移動距離は少ない方が楽ですからね。

上野恩賜公園第一駐車場

住所:東京都台東区上野公園6
営業時間:9:00〜21:30
料金:初めの1時間は400円(以降30分毎200円)
駐車台数:100台

博物館までの距離も107mと大変近いので皆ここを狙ってきます。人気のイベント開催中は開館前に行って早く駐車場を確保できればベストですね。

もし上野恩賜公園第一駐車場が満車で留められなかったら国立科学博物館まで256mありますが、タイムズ上野駅公園口が2番目に近いです。

タイムズ上野駅公園口

住所:東京都台東区上野7-1
営業時間:24時間
料金:月-金
07:00-22:00 30分 300円
22:00-07:00 60分 100円
土・日・祝
07:00-22:00 60分 600円
22:00-07:00 60分 100円
平日1日最大料金:2600円

国立科学博物館の混雑状況について

国立科学博物館の混雑状況についてですが、平日は混雑はほとんどなく、ゆっくり展示を見る事ができます。ですが、春休み中や上野の花見シーズン、そしてゴールデンウィークは混雑します。

なお時間帯については、ちょっとゆっくりしてから午後から出かけるという人が多いので、午前より午後の方が混雑します。なので、混雑は嫌いだということであれば、なるべく早い時間、開館と同時に入ることをお薦めします。

開館時間と閉館時間

国立科学博物館の開館時間と閉館時間は以下のとおりです。
平日:開館 9:00〜閉館 17:00
金曜:開館 9:00〜閉館 20:00

好きな分野をざっと一通り見ていくだけなら4時間位の時間で見終えることはできます。じっくり、ゆっくり見ていくのであれば、7〜8時間くらいでしょうか。1日中たっぷり時間を使って、閉館まで楽しむ事もきますよ。

この、所要時間につきましては個人差がありますので、気になる場合は国立科学博物館のHPで展示物を確認して各コーナーごとにどの位の時間を使うかシュミレーションしてみては如何でしょうか?そうする事で見所もしっかり押さえる事もできて、しかも所要時間もしっかり把握できますよ。

国立科学博物館の入館料はいくら?

通常は下記の入館料です。
※記載している、料金、割引等は、イベントや時期により随時変更される可能性がありますので
最新の情報の確認をしてください。

入館料(常設展示)

普通入館者:
一般・大学生 620円
小・中・高校生 無料

団体入館者(20名以上の場合)
一般・大学生 310円

常設展示は、満65 歳以上の方は無料
障害者の方とその介護者各1名は無料

通常の入館料は上記になりますが、何と年に2日間だけですが常設展示入館料が無料になる日があります。それがこちらです。
・5月18日 国際博物館の日 ※H27年は19日が無料入館日
・11月3日 文化の日
このお得な日を是非とも活用してくださいね。

国立科学博物館にレストランはあるの?

地球館中2階にレストランがあります。しかも結構本格的なレストランです。それが地球館中2階にあるレストラン「ムーセイオン」です。

客席数:170席
10:00〜17:00(ランチタイム11:00〜)
(金曜日のみ 10:00〜20:00)

レストランの奥の席は今展示室が一望できますよ。

但し、お昼は大変混雑していますので、混雑を避けるのであれば11:30分までには席に着けるように準備しましょう。特に雨の日は混雑しますよ。

他には、ちょっとコーヒー等を飲むカフェもありますし、お弁当を持ち込んで飲食できるラウンジスペースもあります。

ここで注意事項ですが、館内で飲食できる場所はレストランとカフェとラウンジ以外は飲食禁止になっております。

以上、国立科学博物館の基本情報はいかがでしたか?特に駐車場の場所や混雑する時間帯等はしっかりチェックしてくださいね。ここで間違った選択をすると大きく時間が狂います。それでは国立科学博物館を心から楽しんで下さい。

Return Top