イベント・観光・旅行情報「イベナビ!」

イベント・観光・旅行情報の総合ウェブマガジン

修学旅行のバッグ選びはサイズや容量に気をつけよう!

修学旅行と言えば主に中学生や高校生の行事ですよね。修学旅行の準備は楽しいかと思いますが、どういったバッグを持って行けばいいのか?どれぐらいのサイズ,容量の物がいいのか?悩む人は大勢いるかと思います。今回は修学旅行に持って行くバッグを選ぶ際、サイズや容量に悩む人に向けてめあすをお伝えしたいと思います。

修学旅行に持って行くバッグのサイズや容量のめあすについて

f3cfe05217d106d6e652b4913ed79d2d_s (1)

中学生,高校生の修学旅行の日数は2泊3日や3泊4日の学校が多いです。なので、この日数を基準にサイズや容量を考えていきたいと思います。

学校指定のバッグがある場合はそれを選べばいいので問題ないのですが、多くの学校では修学旅行のバッグの指定はないはず。なので、自分で持っていくバッグを選ばなければいけませんね。

一般的には40LのSサイズが1泊2日用と言われていて、40~60LのMサイズが3泊4日用と言われています。修学旅行では必ずと言っていいほどお土産など買って荷物が増えるので、50~60LのMサイズのバッグをおススメしたいと思います。

【おおよそのめあす】
2泊3日の修学旅行ならば50LのMサイズ
3泊4日の修学旅行ならば60LのMサイズ

またバッグ自体が重い物は移動する際にかなり大変になってしまいますよね。その為、バッグの重さは5kg未満の物を選ぶとよいでしょう。

修学旅行のバッグはボストンバックやキャリーバッグが人気!

今の中学生や高校生の修学旅行に持っていくバッグの主流はボストンバッグかキャリーバッグです。男子は主にボストンバッグ、女子は主にキャリーバッグが多いようです。ボストンバッグは軽量なのが多いけれど、常に肩にかけていないといけないので、疲れが溜まってしまいます。キャリーバッグは転がせて運べて便利な分、階段やホテルなどへの持ち運びの際は大変です。

男子でもキャリーバッグを使う人はいるし、女子でもボストンバッグを使う人はいます。その為、ボストンバッグとキャリーバッグのメリットデメリットを考えて、友達と相談してどちらにするか決めるとよいでしょう。


ちなみにボストンバッグはアディダスなどスポーティーな物が人気です。キャリーバッグは重量が重くなりすぎないようにする為に、軽量のソフトキャリーバッグがおススメです。

キャリーバッグはサイズや容量が大きい設定なので、一般的なバッグのサイズに対しての容量の度合いが少し異なりますので注意して下さい。

【キャリーバッグ サイズ,容量のめあす】
SSサイズ→50~59cm(45~59L)<日数のめあす>~4日
Sサイズ→60~64cm(60~74L)<日数のめあす>~1週間
Mサイズ→65~69cm(75~84L)<日数のめあす>~10日
Lサイズ→70~73cm(80~95L)<日数のめあす>~2週間
LLサイズ→74cm以上(96L)<日数のめあす>~2週間以上

ボストンバッグもキャリーバッグも白黒のシンプルな物からカラフルな物まで幅広く売っています。なので、サイズと容量をしっかり確認した上で自分に合った色やデザインの物を選ぶとよいでしょう。

ボストンバッグやキャリーバッグの購入はネット上でもできますが、できればお店に足を運ぶことをおススメします。ネット上の画像だけだと色や大きさのイメージが違うなんてことも・・・。イトーヨーカドーやイオンなどではバッグ売り場が充実している為、色々なバックを見ることができます。実際にお店に足を運んで自分好みのバックを選んでほしいです。

以上、修学旅行に持って行くバッグのサイズや容量についてでした。

Return Top