イベント・観光・旅行情報「イベナビ!」

イベント・観光・旅行情報の総合ウェブマガジン

台風24号(2016)ヨーロッパの最新進路予想図!日本へ接近の可能性は?

台風24号(2016)ヨーロッパの最新進路予想図!日本へ接近の可能性は?

2016年の台風24号がヨーロッパの最新進路予想図で発見されました。11月に入っても台風の発生が続きますね。2016年の台風24号はどの位置で発生し、どういった動きをするのか?ヨーロッパの最新進路予想図で確認しておきましょう。

【2016年】台風24号 ヨーロッパの最新進路予想図

2016年の台風24号は日本の下の方で発生が確認されています。ヨーロッパの最新進路予想図にて2016年の台風24号をチェックしてみましょう。

ヨーロッパ 最新進路予想図

1477722647s0dckucvot4jt_r1477722645出典:http://www.ecmwf.int/

ヨーロッパの最新進路予想図によると、2016年の台風24号は日本の下の方で発生しているものの、その場所で弱まって消えていく感じになりそうです。その為、日本への影響はないと考えてよいでしょう。

ただ、台風は進路が急に変わることがあります。今後、もしかしたら日本へ進路が向き、接近する恐れもあるかもしれませんので、ヨーロッパの最新進路予想図で小まめに2016年の台風24号を確認するとよいでしょう。

今回の2016年の台風24号は11月に発生しています。11月と言えば紅葉など、おでかけする人が大勢いるのではないでしょうか?少し肌寒いけれど、気持ちよくおでかけ出来る時期ですからね。

例年通りならば11月に入ればそこまで台風情報を気にしなくてもよかったのですが、2016年は別です。2016年は例年に比べて台風の発生が非常に遅かった為、11月も立て続けに台風発生の可能性があり。その為、11月に紅葉など様々なところへおでかけ予定がある人は天気予報と共に台風の最新情報も把握しておくようにしましょう。ヨーロッパの最新進路予想図なんかで確認しておくとよいかと思われます。

また、日本へ台風が接近し、去った後も要注意。雨の影響で増水したり、足場が悪くなったりします。台風が去って晴れておでかけをしても、増水に巻き込まれたり、足場が悪いせいで転倒し、怪我をしてしまったら大変ですからね。

増水している川へ近づかないようにしたり、足元に注意しながら歩いたりなど、まわりを気にかけて行動することをおススメします。

2016年の11月は台風の最新情報を確認しつつ、おでかけ予定を立てるようにしましょう。

Return Top