イベント・観光・旅行情報「イベナビ!」

イベント・観光・旅行情報の総合ウェブマガジン

オリオン座流星群(2016)東京と大阪のピーク時間や方角は?

オリオン座流星群(2016)東京と大阪のピーク時間や方角は?

2016年のオリオン座流星群、東京や大阪ではどの場所でよく見えるのか?また、方角やピーク時間はいつ頃なのか?気になりますよね。今回は2016年のオリオン座流星群、東京と大阪のピーク時間と方角について確認しておきたいと思います。

【2016年】オリオン座流星群 東京と大阪のピーク時間と方角

オリオン座流星群は毎年10月中旬~下旬にかけて見ることができる流星群。2016年は10月21日と22日に見ることが出来るのですが、2016年のオリオン座流星群のピーク時間は何時頃なのか?また、見える方角はどっちなのか?しっかりと確認しておきましょう。

<ピーク時間と方角>
ピーク時間:10月21日(金)14時
方角:東

2016年のオリオン座流星群のピーク時間は10月21日の14時。まだ、明るい時に極大となります。ただ、活動レベルに変わりはない為、10月21日未明と10月22日未明にかけてがもっとも観察に適しているとのこと。東京でも大阪でも同じ時間にオリオン座流星群を見ることができますので、時間になったらオリオン座流星群が見える方角、東の空に注目していましょう。

<東京と大阪で見れる時刻>
10月21日:0時~明け方
10月22日:0時~明け方

オリオン座流星群が見やすい場所~東京と大阪~

2016年、オリオン座流星群を見たいという人は、出来れば見やすい場所を知っておきたいですよね?東京と大阪のそれぞれ見やすい場所をいくつかご紹介したいと思います。

東京

【夢の島公園】

【武蔵野の森公園】

【高尾山】

大阪

【長居公園】

【みさき公園】

【靭公園】

2016年のオリオン座流星群の極大時刻は10月21日の14時ですが、観測に適しているのは10月21日の0時~明け方と10月22日の0時~明け方。やはり、空が暗い方が見やすいですからね!

東京や大阪に住んでいる人でオリオン座流星群をしっかりと見たい人は、公園など見やすい場所へ足を運んでみましょう。

Return Top