イベント・観光・旅行情報「イベナビ!」

イベント・観光・旅行情報の総合ウェブマガジン

GWに沖縄へ安い料金で行きたい人必見!出費を抑えるポイントとは?

GWの長い連休を使って沖縄旅行へ行く人が毎年増えています。ただ、沖縄まで行くとなると値段が気になる人は大勢いるはずです。なんとか安い料金で行きたいですよね。また、現地でも安く済ませて存分に楽しみたいと思うはずです。今回はGWに沖縄へ安い料金で行く方法や出費を抑えて過ごす方法をお伝えしようと思います。

GWに沖縄まで安い料金で行く方法とは

-shared-img-thumb-MIYAKO96_aoiumi20140802_TP_V (1)

まず最初に気になるのは航空機の代金ですよね。東京羽田発,沖縄那覇着で考えると、相場は大人1人平均、往復で4万円程度です。ちなみに他の場所からだと以下が相場になります。

大阪関空→4万円程度
札幌新千歳→7万5千円程度
名古屋中部→3万円程度
仙台→6万円程度
広島→4万円程度
福岡→3万円程度

これらは有名なJALとANAの相場です。そしてGW期間中は上記の料金よりも、かなり高くなります。しかし、航空会社の中には格安料金で提供している所があるのをご存知でしょうか?「JETSTAR」というところです。

JETSTARの公式HP→http://www.jetstar.com/jp/ja/home


試しに2016年のGW期間中の料金がどれぐらい安いのか、ANAとJETSTARで比べてみました。

<行き>2016年5月1日「東京成田発,沖縄那覇着」
<帰り>2016年5月3日「沖縄那覇発,東京成田着」

上記の条件で調べた結果

ANA→往復で8万4千円前後
JETSTAR→往復で1万8千円前後

これには驚く人が大勢いるのではないでしょうか?約7万円弱の差が生まれます。勿論、GW期間中でも日にちによって料金が多少高くなったりあるので、上記の料金は2016年GW時の大よそのめあすとしてお考え下さい。JALやANAはGW期間中、普段の倍以上の金額に跳ね上がります。一方のJETSTARはGW期間中でも2万円弱の料金。GW期間中こそ、JETSTARの利用をおススメしたいですね。

もう1つ、安い値段で行く方法があるのですが、それは株主優待券を使う方法です。

株主優待券は航空券の金額が半額になる優れもの。往復割引したい場合は2枚必要なので注意して下さい。株主優待券は金券ショップなどでも置いているそうで、値段は3千円~5千円ぐらいです。実際に株主優待券を使うとどれぐらい安くなのるのでしょうか?

往復4万円の航空券の場合
<行き>2万円の半額→1万円
<帰り>2万円の半額→1万円
行き帰り合わせて2万円

2万円+株主優待券購入代金(3千円~5千円)=2万5千円前後

つまり、株主優待券を使えば往復4万円する航空券が2万5千円ぐらいで使えることになります。これはかなりお得ですよね。金券ショップで探してみることをおススメします。

GWに沖縄にて出費を抑える方法とは

次に沖縄での過ごし方です。数日間に渡って色々まわりたい場合はレンタカーのレンタルが必須になるかと思います。なのであらかじめ、レンタカーの使う日を決めておくことがとても大切です。GW期間中でも平日と祝日がありますよね?祝日はやはり料金が高くなるので平日を狙ってレンタカーを借り、祝日は那覇の観光にして、モノレール移動にするとよいでしょう。

宿泊施設でも平日の安い日にリゾートホテルを選び、宿泊費が高くなる祝日は那覇のビジネスホテルを選択することで宿泊費を抑えることができます。


他には格安ツアーを利用する手もあります。一般的にGW期間中の沖縄ツアーだと2泊3日のスケジュールで1人7万円~9万円ほどかかります。勿論、ホテルのグレードや出発地などにより価格変動します。沖縄の滞在費も考えると10万円は超えてしまうでしょう。

しかし、たびらいという格安ツアーの利用であれば2泊3日のスケジュールで5万円~6万円前後になります。

たびらいの公式HP→http://www.tabirai.net/

格安ツアーの安い料金設定を利用するのもおススメです。

以上のように、JETSTARの利用だったり、株主優待券の使用だったり、レンタカーや宿泊施設の上手い使い方や格安ツアーの利用などにより、安い料金でGW期間中、沖縄旅行を楽しむことができます。

これらをまとめて考えてみると、GWに沖縄へ安い料金で行きたい人にはJETSTARの利用を一番おススメしたいです。ただ、これだけ安いと何かデメリットがあるのではないか?と心配になる人がいそうですよね。実際にJETSTARを利用した人の感想がありました。

JETSTARのデメリットは座席が狭いとのことです。脚が前の座席にぶつかったり、ノートパソコンを開いて作業したい人にとってはかなり窮屈。なので我慢しなければいけません。ただ、革張りシートなので乗り心地は良いみたいです。

他にはCAが緩く手際があまりよくないそうです。全体的に外人のCAが多いようですね。ただ、美人が多いとの意見もあったので男性には嬉しいかもしれません。そして一番の難点は出発が30分遅れたとのコメントがありました。こういった面でのデメリットがあることを覚えておきましょう。

まとめると、デメリットとしては座席が狭い,CAの教育不足,時間に遅れることがあるの3点です。ただ、JALやANAよりもかなり格安の料金なので満足している人が多いのも事実です。こういったデメリットの面を受け入れられるのならば、JETSTARの利用がよいかと思います。

今回はGWに沖縄へ安い料金で行く方法や現地での出費を抑える方法をお伝えしました。余分な出費を少しでも抑えてGWは楽しい沖縄旅行にしましょう!

Return Top