イベント・観光・旅行情報「イベナビ!」

イベント・観光・旅行情報の総合ウェブマガジン

台風21号(2016)米軍の最新進路予想図!気象庁とヨーロッパとの違いは?

台風21号(2016)米軍の最新進路予想図!気象庁とヨーロッパとの違いは?

2016年の台風21号が米軍の最新進路予想図で発見されました。2016年の台風21号は気象庁やヨーロッパの最新進路予想図でも確認されていますので、米軍の最新進路予想図と見比べてみましょう。今後の台風21号の進路を要チェックです!

【2016年】台風21号 米軍の最新進路予想図

米軍の最新進路予想図で2016年の台風21号が確認されていますので、気象庁やヨーロッパの最新進路予想図と見比べてみましょう。米軍と気象庁とヨーロッパでどのような違いがあるのでしょうか?

米軍 最新進路予想図

21出典:https://metoc.ndbc.noaa.gov/?

気象庁 最新進路予想図

21出典:http://www.jma.go.jp/jma/index.html

ヨーロッパ 最新進路予想図

1476317912sa7pef6qqvjtvn61476317908出典:http://www.ecmwf.int/

米軍と気象庁とヨーロッパの最新進路予想図を見比べてみると、少し違いがありますね。

米軍とヨーロッパの最新進路予想図では台風21号が発生し、日本から離れた位置で少しずつ移動しています。

一方、気象庁の最新進路予想図ではまだ台風21号になっておらず、熱帯低気圧の状態。アルファベットのbが熱帯低気圧です。つまり、台風21号のたまご。気象庁の最新進路予想図だと、台風21号のたまごは確認されていますが、台風21号にはまだなっていない状態です。

しかし、米軍とヨーロッパの最新進路予想図で台風21号と認識されていますので、気象庁で確認されている熱帯低気圧bは直に台風21号へと変化するでしょう。気象庁の最新進路予想図よりも米軍やヨーロッパの最新進路予想図の方が進んでいますからね。

しかも、ヨーロッパの最新進路予想図では台風22号も確認されています。2016年の台風21号と台風22号のダブル台風・・・。ただ、日本への影響はなさそうですので安心して大丈夫かと思われます。

2016年は10月に入っても台風発生が止まりません。今のところ日本への影響はなさそうですが、今後、日本へ影響する台風が10月に発生する可能性もあります。10月は紅葉などを楽しむ為におでかけ予定を立てている人が大勢いるでしょう。2016年10月におでかけ予定がある人は台風には十分に注意して下さいね。台風の最新情報を小まめに確認して、おでかけ予定を立てるようにしましょう。

また、台風が去った後も要注意です。増水により水害の被害なんかがありますからね。河原など、水が大量に流れるところへは近づかないようにしましょう。

2016年の10月は台風に気をつけておでかけを楽しんでほしいと思います。

Return Top