イベント・観光・旅行情報「イベナビ!」

イベント・観光・旅行情報の総合ウェブマガジン

台風21号(2016)ヨーロッパの最新進路予想図!日本へ接近の可能性あり!

台風21号(2016)ヨーロッパの最新進路予想図!日本へ接近の可能性あり!

2016年の台風21号がヨーロッパの最新進路予想図で確認されています。2016年はいくつもの台風が日本へ接近してきたので、台風21号も日本へ接近するのか?非常に気になるところではないでしょうか?ヨーロッパの最新進路予想図にて2016年の台風21号の発生場所や進路を確認しておきましょう。

【2016年】台風21号 ヨーロッパの最新進路予想図

ヨーロッパの最新進路予想図によると、日本から少し離れた位置で2016年の台風21号が発見されています。さっそくヨーロッパの最新進路予想図を見てみましょう。

ヨーロッパ 最新進路予想図

1476317912sa7pef6qqvjtvn61476317908出典:http://www.ecmwf.int/

ヨーロッパの最新進路予想図を見てみると、2016年の台風21号は少しずつ日本の下の方で移動していますね。また、台風22号も同時に発生しています。台風21号は恐らく、日本への影響がないと思われますが、台風22号は日本へ向かい、いきなり九州へ接近するパターンがありますので要注意。

もちろん、日本から離れた位置で何事もなく消えてしまう場合もあります。現段階では台風21号や台風22号が日本へ接近するのか、日本から離れた位置で消えてしまうのかはハッキリしていません。

その為、2016年の台風21号や台風22号の進路はヨーロッパの最新進路予想図などで小まめにチェックするようにしましょう。

2016年も10月となり、かなり過ごしやすい気候になってきました。秋ということで、たくさんの人がおでかけをするかと思います。しかし、2016年は10月まで台風発生が長引きそうです。というのも、2016年は台風の発生が例年に比べてかなり遅かったから。10月も台風発生の連続には十分に注意して下さい。

おでかけ予定を立てる際はヨーロッパの最新進路予想図などで台風の最新情報を確認しておくとよいでしょう。予め台風の情報が少しでもわかっていればおでかけ予定を立てやすいですからね!台風の最新情報を参考に、台風を避けておでかけ予定を立てるようにしましょう。

2016年のこれまで日本に接近した台風を見てみると、九州地方から徐々に北上していくパターンがほとんどでしたね。今後も恐らく、日本へ接近する台風はまず九州に直撃する流れが多くなるでしょう。その為、九州へおでかけ予定がある人は、九州へのおでかけ予定日を考える際、注意して決めなければいけないかと思われます。

九州まで台風が接近してしまえば、日本の他の地方への到達日や進路のほぼ正確な情報が発表されます。しかし、台風発生時、九州へまず接近パターンとなると、九州への正確な到達日が案外わからなかったりします。わかったとしても、到達日がずれ込んでしまうことが度々ありました。

2016年10月に九州地方へおでかけ予定がある人は特に台風の最新情報を気にするようにして下さい。

Return Top