イベント・観光・旅行情報「イベナビ!」

イベント・観光・旅行情報の総合ウェブマガジン

台風18号(2016)ヨーロッパと米軍と気象庁の最新進路予想図を見比べ!日本接近につき要注意!

台風18号(2016)ヨーロッパと米軍と気象庁の最新進路予想図を見比べ!日本接近につき要注意!

2016年の台風18号が日本へ接近するとのことで、ヨーロッパと米軍と気象庁の最新進路予想図をそれぞれ見比べてみましょう!2016年の台風18号はいつ日本へ来るのか?ヨーロッパと米軍と気象庁の最新進路予想図を見ると多少日付に違いがありましたのでチェックしていきたいと思います。

【2016年】台風18号 ヨーロッパと米軍と気象庁の最新進路予想図

2016年の台風18号が日本へ接近するとのことで、ヨーロッパと米軍と気象庁がそれぞれ最新進路予想図を発表しています。2016年の台風18号、ヨーロッパと米軍と気象庁の最新進路予想図ではどのような進路になっているのでしょうか?

ヨーロッパ 最新進路予想図

1475256417ha15dxdti1wzpg21475256414出典:http://www.ecmwf.int/

米軍 最新進路予想図

18出典:https://metoc.ndbc.noaa.gov/?

気象庁 最新進路予想図

18出典:http://www.jma.go.jp/jma/index.html

ヨーロッパと米軍と気象庁の最新進路予想図を見てみると、2016年の台風18号は10月3日から4日にかけて日本の九州へ急接近している部分は同じ予報です。

ただ、10月5日の時点でヨーロッパの最新進路予想図だと九州や四国に直撃しているのに対し、米軍の最新進路予想図だと10月5日の時点で北陸へ移動しています。ちなみに気象庁の最新進路予想図は米軍の最新進路予想図と非常に似た進路となっていますね。

これらヨーロッパと米軍と気象庁の最新進路予想図からわかるのは、10月3日~10月5日に日本に台風18号の影響があるということ。この期間に九州地方や東海,関東などにおでかけ予定がある人は十分に注意して下さい。台風の影響で交通機関の利用ができなくなったり、おでかけ先で怪我や事故に巻き込まれる恐れがありますからね・・・。

2016年の台風18号は今後、移動速度や進路が変わったりする場合もあります。その為、現在の予報よりも早めに日本へ接近したり、接近するのが遅くなったりすることも十分に考えられるということです。

10月上旬、おでかけの予定を立てている人は小まめに台風18号の最新進路予想図をチェックし、おでかけ日に台風が直撃しないか?把握しておくようにしましょう。事前にわかっていればおでかけ予定をキャンセルしたり延期することが早い段階で変更可能ですからね!

これからもヨーロッパと米軍と気象庁の最新進路予想図は要チェックです!

Return Top