イベント・観光・旅行情報「イベナビ!」

イベント・観光・旅行情報の総合ウェブマガジン

台風17号(2016)気象庁と米軍の最新進路予想図を見比べ!

台風17号(2016)気象庁と米軍の最新進路予想図を見比べ!

2016年の台風17号が気象庁と米軍の最新進路予想図にて発見されました。正確には、台風17号になると思われる熱帯低気圧。気象庁と米軍の最新進路予想図にて2016年の台風17号の発生場所と状態について確認しておきましょう。

【2016年】台風17号 気象庁と米軍の最新進路予想図

2016年の台風17号になると思われる熱帯低気圧が気象庁と米軍の最新進路予想図にて確認されているので、気象庁と米軍の最新進路予想図をそれぞれ見比べてみましょう。

気象庁

17出典:http://www.jma.go.jp/jma/index.html

米軍

17出典:https://metoc.ndbc.noaa.gov/?

気象庁と米軍の最新進路予想図を見るとわかる通り、グアム付近で熱帯低気圧が発生していますね。この熱帯低気圧は今後、台風17号へと変わり日本へ接近する可能性もあるので要注意です。この位置で発生する台風は日本へ接近することが非常に多い為、台風17号へと変化したら、常に最新の台風情報を把握するようにして下さい。

ちなみに、この熱帯英気圧は発達して最大風速が約17m/s以上になったら台風17号となります。現段階では最大風速が15m/sなので、台風17号になるのは時間の問題でしょう。そのまま台風にならずに消えてしまう可能性も勿論あります。

今後の2016年の台風17号には気をつけるようにしましょう。

【2016年の台風17号 基本情報】
強さ:熱帯低気圧
存在地域:マリアナ諸島
進行方向:西北西
速さ:30km/h(15kt)
中心気圧:1004hPa
中心付近の最大風速:15m/s(30kt)
最大瞬間風速:23m/s(45kt)
予報円の半径:110km(60NM)

2016年、9月は立て続けに台風が発生していますね。台風16号は九州や東海地方に接近し、関東に行く前に消えてしまいました。今後もし、先ほどの熱帯低気圧が台風17号へと変わったら再び九州地方へ接近するかもしれません。2016年、九州はかなり台風の被害を受けていると思うので、台風17号にも十分に注意して下さい。

最近は大分涼しく過ごしやすい季節になってきたので、色々なところへおでかけの予定を立てている人が大勢いるでしょう。九州などは様々な観光スポットがあるかと思います。しかし、台風が発生した場合、九州へと流れていく可能性が非常に高いです。日本の下の方で台風が発生するパターンが多いのでそこから徐々に北上し、まずは九州へ接近するという流れがこれまでに何度もありました。

その為、9月は九州へのおでかけ予定を少し考えた方がよいかもしれませんね。せっかくおでかけ予定を立てても台風で行けなくなった・・・という事態になってしまうかもしれません。

日頃から気象庁と米軍の最新進路予想図など、台風情報を頭に入れておくようにしましょう。

Return Top