イベント・観光・旅行情報「イベナビ!」

イベント・観光・旅行情報の総合ウェブマガジン

台風16号(2016)米軍の最新進路予想図!気象庁とヨーロッパの違いは?

台風16号(2016)米軍の最新進路予想図!気象庁とヨーロッパの違いは?

2016年の台風16号が日本へ接近していて、多くの人が注目しているかと思います。そんな2016年の台風16号は米軍の最新進路予想図でも発表されているので、米軍の最新進路予想図と気象庁やヨーロッパの最新進路予想図と比べて見てみましょう。2016年の台風16号はどのような進路を辿っているのでしょうか?

【2016年】米軍の最新進路予想図!気象庁とヨーロッパと見比べ!

2016年の台風16号が日本へ接近しているとのことで、まずは米軍の最新進路予想図にて、今後の進路を確認しておきたいと思います。

米軍

16出典:https://metoc.ndbc.noaa.gov/?

米軍の最新進路予想図によると、19日に九州地方へかなり接近した台風16号は20日には四国へと移動しています。そして20日の夜から21日の朝にかけて関東地方へ接近。その後徐々に、日本から離れていくという進路になっていますね。

気象庁とヨーロッパの最新進路予想図はどのようになっているのでしょうか?

気象庁

16出典:http://www.jma.go.jp/jma/index.html

ヨーロッパ

1474074272a6nvwfogvl3q1vl1474074270出典:http://www.ecmwf.int/

気象庁とヨーロッパの最新進路予想図も米軍の最新進路予想図と同様、20日から21日にかけて関東へ接近し、21日の昼には日本から離れています。今回は関東地方が特に大きな被害を受けると思いますので、関東地方に在住の人や関東へおでかけ予定のある人は十分に注意して下さい。

米軍と気象庁とヨーロッパの最新進路予想図はどれも同じような進路を予報していますので、20日の夜から21日の朝にかけて、関東では警戒が必要です。

今後、台風16号の速度が早まったり遅くなったりすることで、日付にズレが生じてきたり進路が変わっていく可能性があるかもしれません。小まめに最新進路予想図をチェックしておくようにしましょう。

特に、9月におでかけ予定のある人は日々、台風の最新情報を把握しておいてほしいです。数日前まではおでかけ日当日と台風が被らなかったけど、前日になっておでかけ先に台風の影響がありそう・・・なんてことも有り得ますから・・・。台風は速度や進路が急に変わることがありますので、要注意です。

2016年、まだまだ立て続けに台風が発生していきそうですので、9月におでかけ予定のある人は天気予報と共に台風情報を確認する習慣をつけておきましょう!

Return Top