イベント・観光・旅行情報「イベナビ!」

イベント・観光・旅行情報の総合ウェブマガジン

台風15号(2016)ヨーロッパの最新進路予想図!台風14号と共に接近か!?

台風15号(2016)ヨーロッパの最新進路予想図!台風14号と共に接近か!?

2016年の台風15号が日本から少し離れた位置で発見。ヨーロッパの最新進路予想図では2016年の台風14号と共に台風15号も観測されているので、同時発生し、日本接近になるかもしれません。ヨーロッパの最新進路予想図にて2016年の台風14号と台風15号の同時発生を見ることができますので、ヨーロッパの最新進路予想図を確認してみましょう。

【2016年】台風15号 ヨーロッパの最新進路予想図

ヨーロッパの最新進路予想図によると、2016年の台風14号の下の方で台風15号が発生している模様。ヨーロッパの最新進路予想図にて、今後の台風14号と台風15号の進路を把握しておきましょう。

※追記:台風発生に変化があり、同時発生はなくなりました

14735862490kqjc7hebdkceon1473586246出典:http://www.ecmwf.int/

当初、ヨーロッパの最新進路予想図を見ると、2016年の台風14号の下の方で台風15号が徐々に九州地方に向かい移動していました。しかし、ヨーロッパの最新進路予想図が更新され、新たに確認してみると、台風15号と台風14号の同時発生がなく、台風15号単体となっています。

このままの進路でいくと台風15号は九州地方へ接近し、九州付近で消えていますね。九州に何らかの被害がでると予測します。なので、9月に九州方面におでかけ予定がある人は十分に注意して下さい。

勿論、今後、台風15号が日本に接近しなかったり、消えたりといったパターンも有り得ます。なので、ヨーロッパの最新進路予想図にて、小まめに台風15号の最新情報をチェックしておくようにしましょう。

2016年は台風の発生がかなり遅かった為、8月,9月と立て続けに台風発生の可能性があります。9月におでかけ予定がある人は台風の被害に遭わないよう、十分に気をつけて下さい。

2016年の台風1号は7月3日に発生。2016年の8月31日までに台風12号まで発生していて、9月6日には台風13号が観測されています。去年と2016年の台風の発生回数を見比べてみましょう。

<2016年の台風発生回数>
7月:4回
8月:8回
9月:1回(9月6日までで)

<2015年の台風発生回数>
1月:1回
2月:1回
3月:2回
4月:1回
5月:2回
6月:2回
7月:3回
8月:4回
9月:5回
10月:4回
11月:1回
12月:1回

昨年は1月からチラホラ発生していたのに対し、2016年は7月からの発生。8月の発生回数を見てみると、昨年の丁度2倍ですね。このままいくと、9月にも連続して台風が発生しそうです。

9月は徐々に過ごしやすい気候となるので、おでかけ予定を立てている人が大勢いるかと思われます。台風によりおでかけができなくなってしまう・・・なんてことも有り得ますので、日頃から台風情報はしっかりとチェックしておいて下さいね!

Return Top