イベント・観光・旅行情報「イベナビ!」

イベント・観光・旅行情報の総合ウェブマガジン

潮干狩りの持ち物と服装を確認!愛知県のおススメスポットはココだ!

毎年、潮干狩りを楽しみにしている人は多いのではないでしょうか?子供と一緒に楽しめるということで人気がありますね。今回は潮干狩りの持ち物や服装についてまとめてみました。潮干狩りの服装や必須の持ち物と、あったら便利な持ち物を確認しておきましょう。また、愛知県のおススメの場所もご紹介しますので是非、足を運んでみて下さい。

潮干狩りの持ち物と服装について

kam
潮干狩りなので一番重要なのは熊手です。これがなければ始まりませんよね。熊手は爪が3本の物と5本の物が主にあるそうですが、どちらでも大丈夫です。爪は先が尖っている方が掘りやすくて便利な分、貝を傷つけてしまうというデメリットがあります。なので、貝を傷つけたくない人は先が丸いのを使うとよいでしょう。また、子供が使うのも丸い方が安全なのでおススメです。しかし、100均や砂場用のプラスチックの熊手は止めた方がいいです。というのも、海水を含んだ砂はとても重たくなります。その為、壊れやすいので100均やプラスチックの物はおススメできません。また、スコップもあると便利でしょう。


重要な熊手についてわかったところで、潮干狩りに必須の持ち物を確認していきましょう。

・熊手
できれば先が丸くなっている物(壊れやすい物は避ける)

・軍手又はゴム手袋
貝で手や指の怪我を防ぐ為

・網
貝を入れる時に必要。現地で入手可能な場所もありますが、自分で準備する時は目が細かすぎない物がおススメです。(砂が抜けずに重くなってしまう為)

・バケツ又はクーラーボックス
貝を持ち帰る時に必要です。バケツの場合はこぼれないようにする為、蓋付の物をおススメします。

・着替え
必ずといっていいほど、汚れたり濡れてしまいます。自宅に帰る時に困らない為にも必要です。

・飲み物・食べ物
長時間の作業の為、喉が渇いたりお腹が空いたりします。

・タオル
汗を拭いたり、汚れを拭いたりする時に必要です。何枚か持っていきましょう。

・ごみ袋
ごみの持ち帰りの為に必要ですね。また、濡れた服を入れるのにも便利。何枚か持っていくようにしましょう。

次にあると便利な持ち物についてです。

・日焼け止め
日焼けで辛い思いを防ぐ為にも日焼け止めはしておいた方がよいでしょう。

・絆創膏
万が一怪我をした時に役に立ちます。

・自宅の水道水を入れたペットボトル
潮干狩りの会場で手や足を洗う時に便利です。また、帰る際に塩水を入れて自宅に持ち帰れば砂抜きに使えます。

・ざる又はかご
網にいちいち貝を入れるのが面倒な人におススメです。ざるやかごならば海水の水で貝を洗い流すのにも便利です。

・秤
有料の会場では重さによって料金をとられてしまいます。なので、事前に重さがわかるように秤があると便利です。

・保冷剤
気温が上がると貝が痛みやすくなります。その為、保冷剤などで対策をするとよいでしょう。

・レジャーシート
お弁当を食べる時や休憩する時に便利ですね。

・ウエストポーチ
両手が使えるバックはおススメです。ウエストポーチに小物や貴重品など入れておくとよいでしょう。

・潮見表
潮干狩りは引き潮の時に行います。その為、潮干狩りに行く地域の潮見表があると最適な時間がわかって便利ですね。

最後に服装についてです。

・帽子
熱中症や暑さ対策として、被っていった方がよいでしょう。

・長袖Tシャツ
半袖だと日焼けの心配が出てきます。どうしても半袖がいい場合は日焼け止めをしっかり塗るようにしましょう。

・ズボン
ジャージなど動きやすいズボンがおススメ。また、海水に濡れて気持ち悪いのが嫌ならば半ズボンにするとよいでしょう。その際も日焼け止めを塗ることをおススメします。

・長靴又はサンダル
長靴の方が海水に流される心配はないですが、動きづらかったり靴の中が蒸れたりします。サンダルやクロックスなどは動きやすいけれど海水に流されやすいし、長靴よりも怪我の心配があります。その為、お好みの方を選ぶとよいでしょう。

必須の持ち物は必ず持っていくようにして、あると便利な持ち物も必要に応じて持っていきましょう。万全の体制で楽しい潮干狩りができる準備をしっかりとしましょうね。

愛知県で潮干狩りをするおススメの場所

sio
愛知県のおススメのスポットを紹介したいと思います。愛知県では貝の生育不良もあり、潮干狩りをやらない会場が増えている中で、西尾市では今年も潮干狩りを行うそうです。なので、西尾市のおススメスポット3ヶ所を紹介しようと思います。気になる所があったら足を運んでみて下さい!

東はず海岸・前島

愛知,岐阜,長野,静岡各県内のサークルKサンクスで、3月上旬より前売入場券を販売します。また、潮干狩りデビューをするファミリーを対象に潮干狩り入門教室も開催。潮干狩り初心者に優しい会場となっています。

土日には貝汁の無料サービスがあったり周辺にはバーベキューを楽しめる施設もあります。ここでは楽しめるイベントが沢山あるので毎年約7万人が訪れる人気のスポット。美味しいあさりを沢山とれることで有名なので、一度は足を運んでおきたいですね。

住所:愛知県西尾市東幡豆町小見行田20-3
電話:0563-62-2068
営業期間:2016年3月11日(金)~8月6日(土)
駐車場:
土,日,祝日は有料→500円(普通車)
潮干狩り場受付付近駐車場→500円(普通車)
他駐車場→無料
料金:
大人→1,600円
小学生→800円
園児→無料
採取量:
大人→1袋(4kg)まで
小学生→1袋(2kg)まで
※追加について、1㎏増すごとに600円
施設:トイレ,更衣室,休憩所,レンタル有り
注意事項:
※入漁袋の使用は当日1回限り
※潮干狩りに使用する手かぎを1丁100円でレンタル可能。(返却後に50円返ってきます)
アクセス:
<車>
東京方面から
・東名高速道路音羽蒲郡ICから音羽蒲郡有料道路国道23号線、国道247号線を通って東幡豆町へ(約40分)

大阪方面から
・東名高速道路岡崎ICから国道248号線で蒲郡まで行き、そこからは国道247号線で幡豆町へ(約50分)

<電車>
名古屋方面から
・名古屋鉄道で名鉄名古屋駅から新安城駅で乗り換え。西尾線/蒲郡線経由で東幡豆駅で下車(約1時間30分)
豊橋方面から
・豊橋駅からJR東海道本線で蒲郡駅まで。名古屋鉄道蒲郡線に乗り換え東幡豆駅で下車(約45分)

一色海岸(さかな広場西)

遠浅で波も穏やかなのが特徴。隣接する商業施設では美味しい海産物のお買い物もできます。元々さかな広場には自慢の新鮮で豊富な魚介類の品を集めたショッピング施設があります。なので、家族連れにピッタリの場所と言えるでしょう。

潮干狩りを楽しむだけでなく、お買い物の面でも楽しめるのは嬉しいですよね。美味しい魚介類の品々をここで沢山GETしましょう!お子様も大満足のはずです。

住所:愛知県西尾市一色町小薮船江東180
電話:0563-72-8281
営業期間:2016年4月22日(金)~6月6日(月)
駐車場:500台(無料)
料金:大人→1,000円(中学生以上)
採取量:指定入漁袋1袋
施設:トイレ有り
注意事項:
※大人1名につき別料金(+1,000円)にて指定入漁袋1袋のみ追加可能
※小学生以下無料(大人の袋に入れること)
※採貝の道具は熊手のみ(マンガは使用禁止)
アクセス:
<車>
・岡崎ICより約20km
・中原ICより役10km
・衣浦トンネルより約15km
・蒲郡駅より約15分
<電車>
名古屋から名鉄西尾線西尾駅までいき西尾駅から車で約20分

吉田海岸

遠浅で広い干潟が特徴。その為、小さい子供でも安心して遊ぶことが出来ます。また、良質なあさりを沢山とれるということで、多くの人に人気の場所です。地域の中では一番取得量が多い潮干狩りエリアとなっているので沢山潮干狩りを楽しみたい方におススメですね。

沢山潮干狩りを楽しんで、良質なあさりをご家庭で堪能できる。子供も大人も満足できる場所ではないでしょうか?沢山の素敵な思い出を作ってほしいと思います。

住所:愛知県西尾市吉良町吉田須原112
電話:0563-32-0146
営業期間:2016年3月9日(水)~6月21日(火)
駐車場:500台(無料)
料金:
大人→1,500円
小人(小学4~6年生)→800円
園児→無料
採取量:
大人→6kgまで
小人→3kgまで
※各自で網等を持参して下さい
施設:トイレ有り
注意事項:
※天候等により中止する場合があります。
※採貝の道具は手かぎのみ(マンガは使用禁止)
アクセス:
<車>
名鉄蒲郡線吉良吉田駅下車 徒歩10分
<電車>
東名高速蒲郡インターチェンジからおよそ20km

以上、愛知県のおススメスポットでした!

Return Top