イベント・観光・旅行情報「イベナビ!」

イベント・観光・旅行情報の総合ウェブマガジン

台風13号(2016)ヨーロッパの最新進路予想図!今後の進行方向に要注意!

台風13号(2016)ヨーロッパの最新進路予想図!今後の進行方向に要注意!

2016年の台風13号がヨーロッパの最新進路予想図で確認されました。2016年8月に立て続けに発生している台風は、9月も連続で発生する可能性が大。2016年の台風13号の位置をヨーロッパの最新進路予想図にて把握しておきましょう。

【2016年】台風13号 ヨーロッパの最新進路予想図

2016年の台風13号が発見されたということで、ヨーロッパの最新進路予想図を見てみたいと思います。2016年の台風13号はどの位置にいるのか?日本へ接近するのか?ヨーロッパの最新進路予想図を参考にしましょう。

13 (2)出典:http://www.ecmwf.int/

ヨーロッパの最新進路予想図によると、2016年の台風13号は日本列島の下の方で発生し、九州地方から徐々に北上していく感じですね。また、関東地方で酷い被害が出ると予想されているので要注意です。

今後の台風13号の最新情報は常に把握し、ヨーロッパの最新進路予想図を小まめにチェックするようにしましょう!

2016年も9月におでかけ予定を立てる人は大勢いるのではないでしょうか?2016年は例年に比べて台風の発生が遅いと言われています。その為、8月に続き、9月も立て続けに台風発生の可能性あり。9月におでかけ予定のある人は特に台風の最新情報を頭に入れておいてほしいと思います。

台風により電車や飛行機の運航に影響が出たりと、帰れなくなってしまうなんてことになりかねません。台風情報を把握することでおでかけの予定が立てやすくなります。また、おでかけ予定日と台風が重なってしまった場合は、おでかけを中止するか延期するようにしましょう。台風の中のおでかけは辛さしかありませんからね・・・。

台風が去った後も、川でバーベキューしたり釣りなどして楽しむ人は注意が必要です。増水の影響で川の流れは激しくなるでしょう。毎年、水に関する事故は非常に多いので台風接近時は勿論、台風後も川には近づかないこと。身の安全が一番ですからね。

そして、台風13号の情報だけでなく、台風全般の情報を把握しておきましょう。これから台風14号や台風15号など続々と発生することも有り得るので、最新情報は常に確認しておくとよいですね。

2016年、台風の影響でおでかけする機会が減ってしまった!という人は大勢いるかと思います。台風の時は自宅で本を読んだり、DVDを観たりとマッタリ過ごすのがおススメ。下手に出歩いて事故に巻き込まれてしまったとか車で事故を起こしてしまった・・・なんてことも有り得ます。車でおでかけするのが好きな人も、台風の時ぐらいは家から1歩も出ないで過ごしてみてはどうでしょうか?

<関連記事>
台風13号(2016)気象庁と米軍の最新進路予想図!関東へ影響あり!

Return Top