イベント・観光・旅行情報「イベナビ!」

イベント・観光・旅行情報の総合ウェブマガジン

2016年 品川エプソン水族館の入場料金と割引方法!

2016年 品川エプソン水族館の入場料金と割引方法!

2016年も品川エプソン水族館は大人気で多くの人で賑わっています。品川エプソン水族館に行ってみたいと思う人は入場料金なんかが気になるのではないでしょうか?2016年の品川エプソン水族館の入場料金と共に、割引方法も確認しておきましょう!割引方法はいくつかあるので是非、参考にしてみて下さい。

2016年 品川エプソン水族館の入場料金

2016年、品川エプソン水族館に足を運ぶ人が気になる入場料金。既に行ったことがある人ならば入場料金を把握していると思いますが、まだ行ったことがない人はわからないですよね?2016年の品川エプソン水族館の入場料金はこのようになっています。

【入場券(当日・前売)】
大人(高校生以上):2,200円
小・中学生:1,200円
幼児(4才以上):700円

高校生以上は2,200円と少し高めの値段設定かもしれませんが、それだけの価値がある水族館。なので、かなり人気があり、注目されています。

この入場料金を少しでも安くしたい!という人は大勢いることでしょう。そこで、割引方法がいくつかあるので、把握しておきましょう。

【品川エプソン水族館】入場料金の割引方法

品川エプソン水族館の入場料金は少々高い為、できれば割引して入場したいですよね。色々割引方法があるのでさっそく確認してみましょう。

➀団体割引を活用

15人以上で行くと、団体割引を活用することができます。サークルなど15人以上のグループに何か所属している人は是非、団体割引を活用して下さいね。

【入場券(団体割引適用)】
大人(高校生以上):1,980円 ※通常より220円割引
小・中学生:1,080円 ※通常より120円割引
幼児(4才以上):630円 ※通常より70円割引
シニア(65才以上):1,800円 ※通常より400円割引
➁年間パスポートの利用

年間パスポートを活用することで、安く入場することが可能です。ただし、安く利用する為には年に2,3回行かなければいけません。1日入場券と年間パスポートの入場料金を見比べてみて下さい。

【入場券(当日・前売)】
大人(高校生以上):2,200円
小・中学生:1,200円
幼児(4才以上):700円

【年間パスポート】
大人(高校生以上):4,200円
小・中学生:2,300円
幼児(4才以上):1300円

大人(高校生以上)は2回だと割引になりませんが、3回目以降はかなりお得となります。小・中学生と幼児(4才以上)は2回目以降から割引となるので、かなりお得ですね!

品川エプソン水族館は1度行くと2度3度と行きたくなる水族館なので、年間パスポートを購入して、年に3回以上行くことをおススメします。時期によって色々なイベントが開催されるので、季節ごとに足を運んでみるのがおススメですよ!

➂オークションや金券ショップの利用

ネットオークションのヤフオクや金券ショップなどで品川エプソン水族館の割引券の販売がたまにあるそうです。昔、数十円でオークションされていたこともあるんだとか・・・。なので、オークションや金券ショップなど、たまにチェックしておくことをおススメします。

➃宿泊割引

高輪・品川エリアの4つのプリンスホテルに泊まる場合、入場料金が割引となります。泊りがけで遊びに行き、品川エプソン水族館を利用するのならば対象となる4つのプリンスホテルを利用するようにしましょう。

【対象ホテル】
品川プリンスホテル
ザ・プリンス さくらタワー東京
グランドプリンスホテル高輪
グランドプリンスホテル新高輪
【入場料金(ホテル割引適用)】
大人(高校生以上):1,700円 ※通常より500円割引
小・中学生:900円 ※通常より300円割引
幼児(4才以上):400円 ※通常より300円割引

ホテル割引を適用する場合は品川エプソン水族館1Fのチケットセンターにて、ルームキーまたはご宿泊証明書の提示が必要です。また、滞在中,チェックアウト日までが適用となるので注意して下さい。

このように、品川エプソン水族館にはいくつか割引方法があります。利用できる割引方法があれば是非、活用してみて下さいね!

品川エプソン水族館にはアクアナイトチケットという、大人(高校生以上)のみ対象の17時以降からお得に入場できるチケットもあります。入場料金が1,800円と通常よりも400円お得になるので、17時以降に行くのもおススメです。

そして、品川エプソン水族館にはアトラクションがあり、アトラクションを利用するには別途1回500円料金が発生するので覚えておきましょう。

2016年、品川エプソン水族館に足を運ぶ人は思い切り楽しみましょう!

Return Top