イベント・観光・旅行情報「イベナビ!」

イベント・観光・旅行情報の総合ウェブマガジン

台風11号(2016)ヨーロッパと気象庁の最新進路予想図!東京など関東は要注意!

台風11号(2016)ヨーロッパと気象庁の最新進路予想図!東京など関東は要注意!

2016年の台風9号と10号が日本に接近すると注目されていましたが、新たに台風11号が発見され、東京など関東に近づくとのこと。ヨーロッパと気象庁は最新進路予想図を発表し、注意を呼びかけています。2016年の台風9号と10号の情報も気になりますが、台風11号が最も早く日本の東京など関東に被害を及ぼすとのことなので、しっかりとチェックしておきましょう。

2016年 台風11号のヨーロッパと気象庁の最新進路予想図!東京や関東地方は要注意!

2016年の台風11号は8月20日(土)の夜には東京や関東に到達する模様。さっそく、ヨーロッパと気象庁の最新進路予想図を確認してみましょう。

ヨーロッパの最新進路予想図

1471664676TbKnFaGohGDGAB21471664674出典:http://www.ecmwf.int/

気象庁の最新進路予想図

22出典:http://www.jma.go.jp/jma/index.html

ヨーロッパの最新進路予想図を見ると、22日,23日に東京や関東に接近していますね。一方、気象庁の最新進路予想図によると、20日の夜に東京,関東に接近し、21日には東北へ移動しています。

気象庁は前日の8月19日(金)には2016年の台風11号について何も発表していませんでしたが、8月20日(土)の午前9時に台風11号情報を発表。そして、その日の内の夜に東京など関東へ接近すると伝えています。このことから、台風11号は急に発生し日本へ接近するのでしょう。気象庁の情報を参考に、20日と21日は東京,関東地方は十分警戒が必要です。また、ヨーロッパの最新進路予想図も参考にしておきましょうね!

8月20日は土曜日で次の日は日曜日。その為、東京や関東へおでかけの予定を立てていた人は大勢いるのではないでしょうか?泊りがけでおでかけ予定を立てている人もいるかもしれませんね。そういった人は電車が止まったりなどのトラブル発生を覚悟し、常に最新の情報を取り入れておくようにしましょう。また、早目に帰宅したり、泊まる予定の人は早目にチェックインするなどの対応をした方がよいかと思います。

今回の台風11号のように、いきなり発生し、気象庁が発表するパターンもあります。おでかけする人にとってはこういった状況はかなり辛いかもしれませんが、身の安全が一番なので、思い切って当日でかける予定をキャンセルするのも選択肢の一つとして考えてほしいと思います。せっかくおでかけしても台風で全然楽しめなかったり、足止めを食らってしまったら大変ですからね・・・。

今後も気象庁やヨーロッパの最新進路予想図を小まめにチェックし、2016年の台風11号には十分気をつけてほしいと思います。

Return Top