イベント・観光・旅行情報「イベナビ!」

イベント・観光・旅行情報の総合ウェブマガジン

台風7号(2016)気象庁の最新進路予想図!米軍とヨーロッパと見比べてみよう!

台風7号(2016)気象庁の最新進路予想図!米軍とヨーロッパと見比べてみよう!

2016年、台風7号が日本へ接近しているとのことで、多くの人が注目していますね。気象庁と米軍とヨーロッパ、それぞれの最新進路予想図を確認して、今後の台風7号の進路を把握しておきましょう。気象庁と米軍の2016年の台風7号の最新進路予想図はほぼ同じような感じですが、ヨーロッパの最新進路予想図を見てみると多少日付のズレがあったので確認してほしいと思います。

【2016年】台風7号の最新進路予想図!~気象庁と米軍とヨーロッパ~

2016年、台風7号が発生し日本へ接近しているとのことなので、さっそく、気象庁と米軍とヨーロッパの最新進路予想図を見てみましょう。2016年の台風7号には要注意ですよ!

気象庁

1607-00出典:http://www.jma.go.jp/jma/index.html

米軍

wp0916出典:https://metoc.ndbc.noaa.gov/?

ヨーロッパ

1471242792q8yi9lgCsfAtsQd1471242695出典:http://www.ecmwf.int/

2016年の台風7号、気象庁と米軍とヨーロッパの最新進路予想図を見てもらうとわかる通り、関東から東北や北海道方面に向かっていますね。ただ、気象庁と米軍の最新進路予想図に対し、ヨーロッパの最新進路予想図は多少日付にズレがあります。

気象庁と米軍は17日に関東に近づき、18日に北海道へ近づくと公表しています。一方、ヨーロッパの最新進路予想図では16日に関東に近づき17日に北海道付近に移動しています。

恐らく、関東は17日が一番台風7号の被害が強いと思われるので、17日~18日にかけて、関東や東北、北海道は要注意です。今後、台風7号の進路は変更される可能性もあるので常に最新情報を頭に入れておきましょう。気象庁と米軍とヨーロッパの最新進路予想図をそれぞれ把握しておくとよいですね。

2016年の夏、お盆期間はどこも混雑していたからお盆明けに出かける予定だった人は大勢いるのではないでしょうか?特に東京など関東にお出かけ予定の人は大勢いたはずです。関東は17日が最も酷くなると言われているので、17日に関東に行くことは避けた方がよいでしょう。電車などが止まってしまい、足止めされてしまう可能性もありますからね。

また、波も高くなると予想されますので、海や海岸付近には絶対に近づかないように。非常に危険ですので、台風接近時は外出せず、自宅で大人しく過ごすようにしましょう。

2016年は台風5号,6号と日本へ接近し、台風7号までもが近づいています。2016年の台風は短いスパンで立て続けに日本へ接近しているので、十分に注意するようにして下さい。今後、台風8号や台風9号など立て続けに発生する可能性も十分に有り得るので、常に台風情報は入手するようにしましょうね!

Return Top