イベント・観光・旅行情報「イベナビ!」

イベント・観光・旅行情報の総合ウェブマガジン

台風5号(2016)東京など関東はいつ影響があるのか?被害を予想!

台風5号(2016)東京など関東はいつ影響があるのか?被害を予想!

2016年、台風5号が日本に接近しているとのことで、かなり注目が集まっています。東京など関東地方に接近するとの予報で、いつ東京や関東地方に影響があるのか?多くの人が気にしているとのこと。また、どれぐらいの被害が予想されるのかも気になります。今回は2016年の台風5号がいつ、東京や関東地方に影響を与えるのか?また、その被害予想について考えてみましょう。

2016年の台風5号はいつ東京など関東に影響があるのか?

2016年、台風5号の影響が非常に気になりますよね。東京など関東地方に接近するとのことですが、いつ影響があるのか?最新情報を参考に確認してみたいと思います。

【2016年 台風5号はいつ接近?】
8月8日(月)に台風本体が東日本に近づきます。そして、東京,関東地方に最も近づくのは8月8日(月)の夜から8月9日(火)の朝にかけて。
1605-00出典:http://www.jma.go.jp/jp/typh/

8月8日の夕方ぐらいから8月9日の午前中ぐらいまでは外出を控える方がよいでしょう。ただ、仕事などで外出しなければならないと言う人は十分に気をつけてほしいと思います。8月8日の仕事終わりと8月9日の出勤の時は要注意。8月8日は出来るだけ早く帰宅して、8月9日はいつもより早目に出勤するようにして下さい。

道路の交通規制があったり、電車のダイヤの乱れなどトラブルが発生する可能性が十分に考えられますからね。くれぐれも怪我や事故のないように気をつけましょう。

台風5号の被害について

2016年の台風5号は日本列島に上陸せず、東京や関東の横を通過していく予報となっています。

ただ、今回の台風5号は大型の台風と言われているので、雨や風には注意が必要。東京,関東地方では8月8日(月)の朝から雨が降り始め、夜にかけて徐々に強まっていく模様。また、風も雨と同時に強くなっていくと思われるので、強風には十分気をつけて下さい。

先ほどもお伝えしましたが、8月8日の夜から8月9日の朝にかけて東京,関東地方に接近するので、この時間帯が一番雨と風が酷いと思われます。強風により物が飛んできたり、強い雨で電車が遅れたり、道路に規制がかかったりと、何かしらの被害は予想されるので、台風5号の情報は常に把握しておくようにしましょう。

また、海上や海岸付近は波が高くなり危険なので、絶対に近づかないように!台風の時は波にのみ込まれてしまう被害なんかが非常に多いので、海上や海岸付近に近づくことは避けましょう。

以上、2016年の台風5号はいつ東京など関東に影響があるのかと被害予想についてでした。

Return Top