イベント・観光・旅行情報「イベナビ!」

イベント・観光・旅行情報の総合ウェブマガジン

【2016年】台風6号 ヨーロッパの最新進路予想図!お盆期間に注意!

【2016年】台風6号 ヨーロッパの最新進路予想図!お盆期間に注意!

2016年、ヨーロッパの最新進路予想図によると台風6号が生まれていて、お盆期間からお盆明けにかけて日本に接近する模様。日本では台風5号に注目が集まりましたが、ヨーロッパの最新進路予想図で台風6号の情報も頭に入れておきましょう。2016年は夏に立て続けに台風発生の可能性があるので、今後の台風情報は要チェックですよ!

2016年の台風6号情報~ヨーロッパの最新進路予想図~

2016年の台風6号がヨーロッパの最新進路予想図にて発覚されています。さっそく、ヨーロッパの最新進路予想図で2016年の台風6号の進路を確認してみましょう。また、気象庁や米軍も台風6号を発表したので、そちらも確認してほしいと思います。

ヨーロッパ【8月12日(金)~8月15日(月)】

1470953637Ogbi093OUEJZyMP1470953635出典:http://www.ecmwf.int/

米軍【8月12日(金)~8月15日(月)】

wp0816出典:https://metoc.ndbc.noaa.gov/?

気象庁【8月12日(金)~8月15日(月)】

1606-00出典:http://www.jma.go.jp/jp/typh/index.html

8月12日(金)から8月15日(月)にかけて、台風6号が日本列島に向かって少しずつ接近しているのがわかるかと思います。日本列島の横を通過してどこかに消えていってくれるのか?もしくは、日本列島の方に向かってくるのか?今後の台風6号の進路には要注意です。

今のところ、お盆期間、関東や東北では高波に注意との情報があります。なので、海などのレジャーを楽しむ予定の人は十分に気をつけて下さい。また、最新進路予想図を見ると、北海道は台風6号と被っているので常に情報を気にしておいた方がよいでしょう。北海道の人は特に台風6号に警戒しておいて下さい。

今後の台風6号の進路方向によってはお出かけの予定をキャンセルすることも頭に入れておいた方がよさそうですね。

お盆期間の台風6号には十分注意し、今後の最新情報は常に頭に入れておきましょう。

台風5号にも注意!

日本では台風5号に注目が集まりました。

台風5号は8月9日(月)に関東地方に接近するとのことで、大雨の恐れがあるとのこと。その為、8月9日は関東地方で道路や電車のトラブルが発生しそうですね。関東地方の人は出かけるのを控えた方がよいですが、どうしてもお出かけの予定をキャンセルできない!という人も中にはいるでしょう。そういった人は遅れるのを見越して、早目に家を出るなどした方がよいかと思われます。

【※追記】
台風5号の被害が心配されていましたが、特に重大な被害は起きなかったようですね。今後は台風6号の進路に注意しておきましょう。

8月の第2週には台風5号が、8月の第3週には台風6号が日本に接近する可能性があるとのことなので、お出かけの予定がある人は今後の台風情報をしっかりと把握しておくとよいでしょう。

2016年は台風の発生が例年に比べて遅いと言われています。その為、8月,9月に立て続けに台風が発生する可能性が高いです。水不足のところには嬉しいかもしれませんが、たくさんお出かけ予定のある人からしたら台風は辛いですね。夏には花火やプール,海など楽しいイベントが盛りだくさんなので、そういったイベントに行く回数が台風のせいで減ってしまうのは残念かと思います。

台風の時には無理にお出かけせず、自宅でまったり映画をみたり、読書をしたりして落ち着いて過ごしましょう!今後もヨーロッパの最新進路予想図は要チェックです!

<関連記事>
台風6号(2016)気象庁と米軍やヨーロッパの最新進路予想図!北海道は少し注意!

Return Top