イベント・観光・旅行情報「イベナビ!」

イベント・観光・旅行情報の総合ウェブマガジン

2016年 成田祇園祭の日程と見どころやアクセス方法について!

2016年 成田祇園祭の日程と見どころやアクセス方法について!

2016年、千葉で有名な祇園祭、成田祇園祭が開催されます。300年以上続く歴史あるお祭りで、毎年45万人以上見物客がいるそうですよ!そんな成田祇園祭の2016年の日程や見どころを確認して、友達や家族などと足を運んでみてはいかがでしょうか?また、アクセス方法もしっかりと確認しておきましょうね。今回は2016年、成田祇園祭の日程と見どころやアクセス方法についてです。

成田祇園祭 2016年の日程

成田祇園祭の2016年の日程は7月に入って直ぐです。

日程:
2016年7月8日(金)
2016年7月9日(土)
2016年7月10日(日)

3日間開催される成田祇園祭。それぞれのスケジュールを簡単に把握しておきましょう。

7月8日(金):1日目

【安全祈願・鏡開き】
成田祇園祭の始まりを告げます。時間はお昼過ぎに大本堂前にて開始。

【山車・屋台競演(総踊り)】
10台の山車・屋台が集結し、多くの若者達が踊りを披露。町内にも繰り出していきます。

7月9日(土):2日目

【JR成田駅前広場で総踊り】
午前中から開始で、山車・屋台が集結し、総踊りが始まります。

7月10日(日):3日目

【山車・屋台総引き】
迫力満点の総引きがお昼過ぎから始まります。山車・屋台が一気に坂を駆け上がり、迫力満点。

ちなみに山車と屋台の違いは、山車の場合は人形を載せているのが一般的で、屋台の場合は、全体が囃子(はやし)台、又は踊り舞台となっているものを指します。人形が乗っているものが山車、乗っていないものが屋台と簡単に覚えておくとよいでしょう。

成田祇園祭のアクセス方法

成田祇園祭は成田山新勝寺及び表参道周辺で行われます。アクセス方法としては、JR成田駅又は京成成田駅から徒歩10分で着くので、この2つの駅を利用するようにしましょう。

<電車でのアクセス>
JR:東京駅から快速エアポート成田を利用して、乗り換えなしで成田駅までいけます。
京成電鉄:京成上野駅から京成本線で京成成田駅まで行けます。

<車でのアクセス>
東関東自動車道路、成田ICで降り、国道295号線を通って寺台インターを直進すると成田山裏門入り口の看板があります。その看板を左折し、しばらく直進すると成田山新勝寺に到着。

車で行く際、会場周辺はかなり混雑していて、付近の駐車場はどこも恐らく満車でしょう。成田駅付近の駐車場を利用するというのも一つの手ですよ!

成田祇園祭の見どころ

成田祇園祭の見どころは、多くの人が注目し盛り上がる見せ物、山車・屋台の総引き。3日目の7月10日(日)に行われます。

300mの急勾配を勢いよく引っ張る人の迫力は物凄いです。山車・屋台が一気に坂を駆け上がっていく姿は圧巻ですよ!初めて見る人はあまりの迫力に圧倒されてしまうことでしょう。一番の見どころである山車・屋台の総引きは絶対に見逃せないので、7月10日(日)は必ず足を運ぶようにしましょうね!

2016年も成田祇園祭は盛り上がること間違いなし!迫力ある姿を目に焼き付けましょう。以上、成田祇園祭の2016年の日程と見どころとアクセス方法についてでした。

Return Top