イベント・観光・旅行情報「イベナビ!」

イベント・観光・旅行情報の総合ウェブマガジン

【天神祭】2016年の日程!見どころと穴場スポットを押さえておこう!

【天神祭】2016年の日程!見どころと穴場スポットを押さえておこう!

人気のお祭り、天神祭が2016年も開催されます。2016年の天神祭の日程を確認すると共に、見どころや花火の穴場スポットも押さえておきましょう。今回は2016年の天神祭の日程と見どころ、花火の穴場スポットをご紹介します。友人や恋人と足を運んでみて下さいね!

2016年 天神祭の日程

2016年も天神祭に足を運ぶ人は大勢いるのではないでしょうか?天神祭に行く人は天神祭の日程をしっかりと確認しておきましょう。

【2016年 天神祭の日程】
2016年7月24日(日)
2016年7月25日(月)

天神祭は2日間開催されます。それぞれのスケジュールも確認しておきましょう。

<2016年7月24日(宵宮の日程)>
4:00~:打ち出し(一番太鼓)
7:45~:宵宮祭
8:30~:鉾流行列参進
8:50~:鉾流(ほこながし)神事
11:00~:行宮祭(あんぐうさい)
12:00~:天神講獅子 獅子舞
16:00~:催太鼓氏地巡行
16:30~:どんどこ船宮入 鉾流神事奉還
18:00~:水上薪能
18:40~:催太鼓宮入
19:00~:獅子舞宮入
<2016年7月25日(本宮の日程)>
13:30~:本宮祭
14:30~:神霊移御
15:30~:陸渡御列出発
17:30~:船渡御列出発
18:00~:船渡御
19:00~:船上祭
19:00~:奉納花火(21:00まで)
20:30~:催太鼓の宮入開始
22:30~:還御祭(かんぎょうさい)

天神祭で一番盛り上がるのが7月25日の19時から行われる天神祭奉納花火。なので、7月25日の19時が最も混雑する瞬間でしょう。花火の穴場スポットについては後程お伝えしますので、チェックしてみて下さい。

天神祭の見どころ

天神祭の見どころは先ほどもお伝えした天神祭奉納花火。それともう一つ、ギャル神輿も見どころの一つです。ギャルの女性が神輿を担ぐという、他では中々見ることができないイベントということで、多くの人がその姿を見る為に足を運びます。正式名称は天神祭女性神輿と言い、7月24日の宵宮の前日、7月23日にギャル神輿は行われます。

ギャル神輿はだれでも参加できるわけではなく、書類審査と面接による選考会があります。応募条件は16歳以上で30歳までの体力に自信のある健康な女性とのこと。募集人数は120名です。選出された女性だけが神輿を担ぐことができるというわけですね。毎年多くの人が参加希望するそうですよ!

このギャル神輿は天神祭を盛り上げる為の前イベントとして人気のイベント。ギャル神輿のスケジュールを確認して足を運んでみましょう。

<巡行スケジュール>
12:00:夫婦橋出発
14:35:天満宮宮入
15:05:天満宮出発
16:05:JR天満駅前到着
16:25:フィナーレ

【天神祭】花火の穴場スポット!

天神祭一番の人気、天神祭奉納花火。花火を見る為に穴場スポット情報が気になる方が大勢いるかと思われます。穴場スポットをいくつかご紹介しますので、参考にしてみて下さい。

川崎橋

自転車・歩行者専用の橋で会場から少し離れる分、混雑を避けてゆったりと花火を鑑賞することができます。近くには公衆トイレもあるのでトイレの心配もいりません。混雑を避けてゆったりと花火を見たい人におススメの穴場スポットです。

桜之宮公園

打上場所から近いので人気の穴場スポット。屋台も数多く出店され、迫力ある綺麗な花火を堪能することができる場所です。人はかなり集まるので良い場所を確保したいという人は早目の時間に足を運びましょう。16時頃には足を運んで場所取りをしておきたいところです。

OAPタワー(大阪アメニティパーク)

川を挟んだ向かい側が花火の打ち上げ会場となる為、迫力ある音と光を楽しむことが可能です。OAPタワーで買い物したり食事をしたりと楽しむことができるのも嬉しい点ですよね。しかしその分、かなり混雑するので早目に足を運ぶようにしましょう。

今回は天神祭の2016年の日程と見どころや花火の穴場スポットについてご紹介しました。天神祭に行って思う存分楽しみましょう!

<関連記事>
天神祭花火の穴場!梅田と天満橋と大阪城公園付近がおススメ!
【天神祭 花火】穴場の場所を地図にて確認!~大阪の夏祭り~

Return Top