イベント・観光・旅行情報「イベナビ!」

イベント・観光・旅行情報の総合ウェブマガジン

【多摩川花火大会】打ち上げ場所と場所取りの時間やルールについて!

2016年8月20日(土)に多摩川花火大会が開催されます。多摩川花火大会の打ち上げ場所をご存知でしょうか?実は多摩川花火大会は2ヵ所から花火が打ち上げられます。その2ヵ所の打ち上げ場所を確認しておきましょう!また、多摩川花火大会の会場では場所取りが行われると思いますが、場所取りには時間やルールがあるのでこちらも確認しておいてほしいですね。今回は多摩川花火大会の打ち上げ場所と場所取りの時間やルールについてです。

多摩川花火大会の打ち上げ場所は?

多摩川花火大会の打ち上げ場所は2ヵ所あります。というのも、多摩川花火大会は川崎市と世田谷区で同時開催される花火大会。川崎市と世田谷区と2ヵ所から花火が打ち上げられるというわけです。

川崎市側の打ち上げ会場(多摩川河川敷)

世田谷区側の打ち上げ会場(二子玉川緑地運動場)


川崎市側の打ち上げ会場は多摩川河川敷です。この付近まで迫力ある花火を見る為に足を運ぶ人は大勢いるでしょう。世田谷区側の打ち上げ会場は二子玉川緑地運動場です。正確には二子玉川緑地運動場の多摩川の川沿い付近です。

二子玉川緑地運動場は多摩川花火大会の会場となっていて、色々なお店が出店される為、多くの人で賑わいます。その為、会場である二子玉川緑地運動場で場所取りをする人が大勢います。場所取りをする際に時間やルールがあるので確認しておきましょう。

多摩川花火大会 場所取りの時間について

多摩川花火大会の会場である二子玉川緑地運動場で場所取りをする際、時間等、注意事項があります。

会場の場所取りに関して、ロープで囲ったりビニールシートで確保することはOKなのですが、一人90cm四方を目安にしましょう。あまりにも広く場所を取りすぎるのはマナー違反となるので注意です。また、場所取りした場所には誰かが必ずいること。そして杭や石は使わないようにして下さい。

ビニールシートで場所取りをする際、時間は当日の15時以降にするようにしましょう。これは芝生保護の為です。前日からビニールシートで場所取りをする人がいるそうなのですが、そうした場合、ビニールシートは撤去されてしまいます。必ず当日に場所取りをするようにして下さい。前日までの場所取りは禁止です。

多摩川花火大会の打ち上げ会場付近や二子玉川緑地運動場では迫力ある花火が見れるので多くの人が詰め寄せるでしょう。怪我などには十分に気をつけましょうね!

以上、多摩川花火大会の打ち上げ場所と場所取りの時間などについてでした。

<関連記事>
【2016年】多摩川花火大会 雨天時は中止!延期はなし!
多摩川花火大会の穴場!多摩川駅と和泉多摩川駅付近の河川敷がおススメ!
多摩川花火大会の穴場!川崎市高津区久地から見れる意外な場所とは!?

Return Top